命短し恋せよ乙女

~今日の女子力観察日記~
お姉さんがお化粧なおしをしていたから、
これからデートですか?って聞いた。
夏は短いからねって
おねいさんは教えてくれた。
楽しいはずなのに目は笑っていなかった。

 

テスト前

「勉強してないよー」

「ワタシも全然してない!」

なんて仲睦まじいやり取りの後、片方だけ高得点を取り、

「やっぱり勉強してるやんけ!!」って怒りを覚えた方も多いと思う。

現代の大人の恋も同じようなテンションが発動している。

「彼氏欲しいなー」

「だねーいい男ってなかなかいないね・・・」

なんて言葉に騙されてはいけない。

好条件で自分を売りたい女子は、なんだかんだ恋活とやらにいそしんでいる。

だから「命短し恋せよ乙女」には注釈が必要だと思うんだ。

命短し、仲間に引きずられず自分の幸せのために恋せよ乙女。

ってね。女って腹黒いわ~

褒め言葉は難しい

〜今日の女子力観察日記〜
となりのお姉さんが髪を切った。
かわいいですねって言ったら
こけしみたいでしょ?って言っていた。

そんなことないって言っておきなさいと
あとでお母さんに教わった。女の人は難しい

褒め言葉は難しい。

褒めすぎると胡散臭くなるし、褒めないとアイツは他人に厳しいという話になる。

このたび発せられた言葉は、謙遜に対してどう返すのが正解かという話。

例えがこけしのような、かわいくもキモくもある例えの場合は

きっとう~んかわいいからいんじゃない?

って話題をそらすのがきっと正解。

人が変わるのは大変

~今日の女子力観察日記~
お昼ごはんに、ばくだん丼をたのんでいる女の人をみつけた。
待ってるあいだに
「きっちり魅せたいステキな大人女子スタイル」という
お話の本を読んでいた。
人が変わるのは大変なんだとおしえてもらった。

私らしくとか、ワタシスタイルってよく言われるけれど、

はっきりと「私のスタイルはこれよ!」って言いきれる人は実は少ない。

爆弾丼の彼女も、きっともっと自分を好きになるために頑張っているのだろう。

そうおもうと、彼女の目指すべき道はキッチリではなくスパーク!かもしれないと

隣でカツ丼を食べながら思うのでした。

 

三平で思い出すあの男子

前回の記事で「三平女子」についてお話しました→前回の記事はコチラ

さて、一般的に三平<さんぺい>と聞くと彼を思い出す人も多いはず。

さ~んぺ~いで~す

SANPEI DAYS

ちなみに三平ではなく三瓶で~す。

そんなギャグはどうでもよくて、三平女子の理想は

三平男子+肉食であるということらしいです。

つまりこういうこと!?

・・・

じゃなかった!またしてもギャグが頭をよぎった!

平穏な性格だけど、基本引っ張ってくれる頼りがいのある男性

ってことですかね?

女子の理想は高いなぁ~

 

 

三平女子のクレーム相手は彼

三平女子とは=平均的な年収・平凡な見た目・平穏な性格を結婚相手に求める女性のコト。

不景気な今若者の間で流行っているそうです。
※若者の間って言い方すると、自分がぐっと老けたように感じる

そんな三平女子は将来に不安を持つと同時に、こんな不満も持っているらしい。

「むやみにポジティブを(彼に)押し付けないで」

「無茶なことは(彼に)させないで」

そう、平凡から逸脱するような自己啓発を、一部の女子はやめてくれーって

思っているらしいのだ。
※成功したらしたでウレシがるだろうに

ここからは推測なのだが、そんな彼女たちの不満を

一番受けるのはきっとこの人なんじゃないかと思う。

「少年よ、大志を抱け!」でおなじみの、クラーク博士です。

どうでしょう、モニターの前の三平女子はふつふつと怒りが湧いてきたのではないでしょうか?

ちなみに少年よ大志を抱けには続きがあるそうで、

青年よ大志をもて。
それは金銭や我欲のためにではなく,また人呼んで
名声という空しいもののためであってはならない。
人間として当然そなえていなければならぬあらゆる
ことを成しとげるために大志をもて

なーんて結構いい言葉が続くそうです。

ワタシは少年ではないけれど、こんな大志ならば教訓にしつづけたいですね