不倫で弱った女子必見!映画マレフィセント


 

のっけから過激なタイトルをつけましたが、先日ディズニーの最新映画「マレフィセント」を鑑賞してきました。ネタバレしまくっていますので、ワクワクしたい方は読まない方がいいかもしれません。

アナと雪の女王」に続く作品、誰もが知っている名作のアナザーストーリーである事か話題を呼んでいたようですが、見終わって一言。

 

 

この一言につきます。

もう強調したいから2色にしちゃった(笑)

 

なぜそう感じたか、まずは本作のあらすじを説明すると、恋人(オーロラ姫のパパ)に裏切られたマレフィセントが、男を恨んで娘に復讐心から呪い(糸車に刺されて死ぬ)をかけるも、男への未練なのか娘が気になるんだかで、オーロラ姫を密かに優しくストーキング。そうしているうちに、オーロラ姫の事を娘のように愛してしまい、オーロラ姫もマレフィセントになついてしまう。

マレフィセントは呪いをかけた事を大後悔して、オーロラ姫を救おうとするも呪いが消えず、さらに大後悔…泣

こんな話。

 

ラストはディズニーなのでもちろん色々あってハッピーエンドではありますが、この話、まるで日本アカデミー賞を受賞した「八日目の蝉」とすこーしだけ同じニオイを感じます。

 

憎しみと愛の混在です。

 

また、マレフィセントは恋人に裏切られ、娘を逆恨みするという愚かな行為に走るわけですが、裏切った恋人はマレフィセントの復讐に怯えつづけます。

 

これもなんだか象徴的で、

恋愛がぐしゃぐしゃ汚い感じで終わりを迎えたあと、

 

女は衝動的に愚かになり

 

男は壊したものの大きさにおびえ続ける。

そんな男女の対照的な性質が見えたような気がしました。

 

 

一部考察では、オーロラ姫とマレフィセントというそれぞれ不完全な女が、一緒になることで完全体になる…というようなとても専門的なレビューも見かけましたが、映画マニアじゃない女子はそのような難しいことを本作では考えなくてよろしい!

 

と・に・か・く、

 

失恋や不倫で苦く辛い想いをしても、復讐はダメ!ぜったい!

 

マレフィセントを反面教師にせよ。

 

 

この点を今日のレビューではお伝えしたい(笑)

 

作中でマレフィセントはオーロラ姫に、

「私は憎しみと復讐で心が曇っていた」

というような事をつぶやいていました。

 

心が曇り、弱っているとき、人は愚かな選択をしがちです。

ですが自分がどの程度弱っているか、それは客観的に判断できないし、身近な人に指摘されてもなかなか受け入れるはできません。

じゃあどうするか?そういう時には、

 

 

曇ってる他人を見つけて、自分と比べればいいのだ!

 

この映画、そんな時観るのにちょうどいいんです(笑)

夢も希望もないレビューを書いてしまいましたが、映画の動員数は好調なご様子。この夏はマレフィセントかジブリかーって感じなのでしょうか。19日公開のジブリの新作もかなり期待感が高まります。

思い出のマーニー

激しさはなさそうだけど、女の友情って点がワクワクするね。

 

 

最近書いた記事の宣伝です☆
彼の雑セックスにうんざりしたら、試してほしい3つの解決策

恋学様のサイトに寄稿した記事なのですが、ネタリかで思いのほか盛り上がっているので、今日はネタリかにリンク貼ってみました。
コメントが面白いです。

 

ラルーン様にて寄稿した記事

ベッドインの前に要チェック!彼との愛が深まるベッドマナー

最近セクシャル記事が多いですね…

 

 

実はエロ本なんかも7月は作りました。

カラダに自信のあるS級素人

出演はしていません。書いただけです(笑)

 

[end massage1]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。