王道モテテクは通用するか実験してみた2


前回までのお話はコチラ!

王道モテテクは通用するか実験してみた1

☆登場人物紹介☆

せっかくなので呼び名つけました!

あだ名:キング
男性1:大手コンサル(新宿区・合コンのキング)

あだ名:キツネ ※キツネ顔だったから
男性2:大手コンサル(忘れたけど都内・水泳大好き)

あだ名:ゴルコン
男性3:大手コンサル(ゴルフ合コン帰り)

あだ名:ジャンボ
男性4:大手IT系マネージャークラス(身長デカい)

 

あだ名:バブル 
女性1:秘書(港区・趣味クルーザー)

あだ名:不器用お嬢 ※友達だからやさしく
女性2:課長(港区・趣味華道)

あだ名:手相
女性3:大手メーカーのマーケ(恵比寿・手相が観れる)

女性4:おおしま(足立区)※現在は都内に引越し済み
と、いうことで、モテテクを繰り出すタイミングに集中するおおしまですが、
ここでアクシデントが発生!!!

 

 

自分のターンが全く来ない・・・

 

 

 

いつも自分のペースを自分の話術でぐいぐい作り上げてきたため、下ネタもツッコミも繰り出せない今、まったく自分の話すタイミングがこないのだ…

それどころか、恵比寿在住の可愛い系マーケターの女子が

「私手相見れるの☆」

ときたもので、周りの女性陣が大盛り上がり。

即席鑑定会が始まるではないか…

「…っていうか手相とか、キャバクラのオヤジ客かよ。」

心の中で悪態をつきつつも、ぶりっ子キャラを貫き通す私。
と、ここでおおしまのターンが発生。

 

「りえちゃん、趣味は?」

 

きたきた。もちろんモテテクとは別に模範解答を用意してある。
それはズバリ

 

 

 

「料理です(照)」

 

 

 

こんな見え透いたぶりっ子、久しく生息確認していません。

 

さすがにこれはバレたか……と心の中で後悔していると…

 

「おお〜〜〜出ました料理!なになに?得意料理何?」

 

 

キングとジャンボ
がめっちゃ食いついてる!!!!!!

 

まじっすか!?恋愛テクとかチョロいじゃないですか!と大笑いしたくなる気持ちを抑えて

「得意料理っていうか、ハーブ育てるのが趣味なんで、それを使って色々作るのが好きなの」

 

どうだ!!

この捻った回答!

実はハーブ栽培が趣味なのは本当。
だ・だ・し、料理は最低限しかしないし、それを入れたりはしない。

もちろん、栽培するハーブは合法である。

 

その回答がよかった感じはしないけど、とりあえず手相から料理の話題に話は移り、
なんとかチャンスをたぐり寄せる事に成功。

お前本当に料理が趣味なのか???というリアクションをかましつつも、

3秒見つめてニッコリをジャンボにかます事に成功!

そして袖くいくいもキツネになんとか繰り出す事に成功!

 

さあそのリアクションはいかに…

 

 

[end massage1]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です