王道モテテクは通用するか実験してみた4


前回までのお話はコチラ

王道モテテクは通用するか実験してみた1

王道モテテクは通用するか実験してみた2

王道モテテクは通用するか実験してみた3

☆登場人物紹介☆

印象薄い人はもう割愛(笑)

あだ名:キング(既婚)
男性1:大手コンサル(新宿区・合コンのキング)

あだ名:ジャンボ
男性4:大手IT系マネージャークラス(身長デカい)

 

あだ名:バブル 
女性1:秘書(港区・趣味クルーザー)

女性4:おおしま(足立区)※現在は都内に引越し済み

 

 

2次会開始早々、キングに既婚をカミングアウトされたおおしま。

その時点でモテテク&ぶりっ子を捨て去って一緒に葉巻を吹かそうと思ったのもつかの間

「ごめんね、既婚じゃやっぱりつまんないよね?」

「りえちゃんどんな人が好みなの?合コンセットするよ!」

「いや〜俺、りえちゃんみたいな体系好みだわ(骨太がっちり系w)」

 

キングがなぜかご機嫌取りに走り出しましたw

なんだろう、自分のモテテクが通じたというよりも

 

 

 

この人絶対Mだな。

 

 

 

というのが私の見解。

そして個人的には一番モテテクをうまく繰り出せたと思っていたジャンボは・・・

 

 

終止バブルとの一騎打ち。

 

 

 

 

そもそもソファ席での二次会なんて、席移動もできないし良いこと無いです。仕方がないのでネタ探しのためキングに今までの合コンエピソードを語ってもらい、気づけば終電間近。

さりげなく帰宅時間を確認すると

 

 

 

 

私近いしタクシーで帰るー

 

 

 

私もー

 

 

 

私もー

 

・・・・馬鹿野郎(怒)

 

 

港区と渋谷区の女子に格差を見せつけられたところで、足立区民は一人家路につくことに。別に誰かが送ってくれた分けでもなく、キングと連絡先を交換するのみで、もはやモテテクの実証実験だった事を忘れたままその日は終了となりました。

ここで恋愛コラムニスト小話。
合コンって実は2次会をやらない方が男女共に若干の物足りなさを感じたまま別れるため、また会いたくなる確率が高まるそうです。「1次会〜2次会〜終電気にせず〜」となると、本日のみで相手への興味が満たされてしまい、よっぽどフィーリングが合わないと次に繋がらない可能性が高まるんです。
婚活女子は合コン2次会はなるべくいかない!覚えておいてねーん☆

 

 

さてさてさて、この高スペック合コンには実は続きがありまして

 

数日後、携帯に知らないアドレスからメールが。

 

「こんにちは、ジャンボです。この前ゆっくり話せなかったからメールしました☆」

 

 

 

ジャンボ引っかかったーーーーーー!

 

 

 

そう。やっぱり私のカンは正しかった。

ジャンボは引っかかっていたのだ。

私が張った雑な罠に(笑)

 

とここで、まずは当初の目的であるモテテクの実証実験結果をまとめたいと思います。

 

【実証結果】
1:王道モテテク&ぶりっ子は合コンの場においては予想以上にまだ通用する!

2:ただし、不特定多数に放っても効果は薄く、ターゲットを早めに決めて打つべし。

3:モテテクを繰り出すと、思わぬ雑魚モテに遭遇するので注意すべし。

4:ちなみに3つのモテテクの中で一番効果があったのは
  3秒見つめてニッコリ微笑むである(多分)

 

合コン等では“あまのじゃく”にならず、どうか王道のモテテクニックをふんだんに取り入れ、いいな〜と思った男性に突っ走っていただきたい。

 

 

さあ、次回は最終回(の予定)

モテテクで引っ掛けたジャンボとの初デート編だよ。

このデートが人生の中でワースト3に入るほど、酷い内容になるとは、この時予想もしていなかったのです

つづく。

 

[end massage1]

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です