あの子の結婚式に行きたくない人へ


 

カロリー気にして最近ウイスキーか、焼酎をよく飲みます。

しかし、つまみのナッツを大量摂取して結局

プラスマイナス、プラスです。

20150419-033836.jpg

 

今日はアラフォー男友だちの結婚式でした。
アラフォーから素敵な嫁さんをゲットして、なんて頑張り屋なんだと思いつつ、色々悩みも聞いていた手前、息子を送り出す母の気持ちに3秒くらいなりました。

ま、友だちは10歳くらい年上だけどね。

 

20150419-033903.jpg

写真はいつもいつも私の愚痴や仕事の相談に乗ってくださるジェントルマン社労士の齋藤さん

実は私、人生迷走していた時期に社労士を目指していた事があります。彼と話しているとつくづくあの時ならなくてよかった…むしろ一生なれないな。と思うのです。

人にはやっぱり、向き不向きがありますよね!

あ、でも漫画の描ける社労士も、斬新でよかったかもしれません。

誰得かはわかりませんが…

 

 

そんなこんなで結婚式に出席したわけですが、やっぱり職業柄結婚式はネタの宝庫なんですよ。

嫁ぐもの。

見送るもの。

ガッチリ着飾るもの。

適当に済ますもの。

祝福するもの。

妬むもの。

 

女の本性が幸せ全開の主役たちを前に、ガマンできずにダダ漏れ……

 

「だれか尿漏れパット持ってきて!」
(本性はオマタから漏れる…のか?!)

 

でも今日思ったんです。

 

あぁ、

結婚式こそナンパすべきだな…

 

 

と。

品性なくってごめんなさいね。

結婚式って、ご祝儀と引き換えに、会場の誰とでも仲良くなれる話題とチャンスを得られることに実は気付いてない人が多い。

「素敵ですね〜」
「そうですね〜」
から始まる会話って、合コンで無理やり話を盛り上げるよりもずっとずーっとラクです!

だって話が盛り上がらなかったら

自分の席に戻ればいいんだもん。

 

つまり、

結婚式のナンパは

RPGです

 

クリアできないなら1回村(自分の席)に帰ればいい。

 

その点合コンは

 

2時間みっちりの

格闘ゲーム

 

制限時間が尽きるか、KOされるまで戦い続けなくてはいけないのが合コン。

 

 

話がズレズレですけれども、今日イチで印象的だったのは、別グループの女友だちが送る、新婦への熱い熱いジェラシー!!!

なぜか終始笑顔がなく、そのテーブルだけどんよりピリリとした雰囲気がただよってました。

何が露骨だったって、新郎新婦がテーブルを回った際、カメラマンが促すまで、誰一人として写真撮影をしようとしなかったこと…記録に残すのも嫌だったんですかね。

結婚しそびれると”手放しに酔っぱらって祝福する”こんなカンタンなこともできなくなるみたいです…みんな、胸にタトゥーで刻んでおこうね。

 

あ、結婚式といえば私も一応経験者。あの面倒臭さと1日お姫様体験は夢でもなんでもなかったけど、とてもいい経験だったと今でも思っています。

だって、スタッフさんはかしづいてくれるし、友だちや上司が待ってても挨拶にくる。

ネイルもマツエクもエステだって、この時ばかりは贅沢三昧をしてもだーれからも文句を言われない。人生で一番自分を自己満足でピカピカに磨いて、周りに賞賛される。それが結婚式なのだ。

ま、私その時バタバタしてて人生で一番太ってたけど…

 

こうして今、冷静に結婚式を楽しんで観察できる余裕は、経験した者の特権。そんな特権が得られただけで、1回結婚した甲斐があったってもんです…おや、ちょっと自虐的に聞こえてるね!はは。

 

最後に、

Tクン(だから10歳年上)

こっち(バツイチ)も思ってた以上に楽しいから、

先の事は心配せず、仕事に打ち込み、結婚生活も楽しんでね〜

 

[end massage1]

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。