ステキなお金の使い方のできる人とは


暑いですねー。

20150805-104810.jpg

最近話題の芥川賞受賞作「火花」を読み始めました。

まだ途中だからなんとも言えませんが、200万部越えだそうで、芸人も作家も、今やマルチタイプが成功のカギなのだなと思ったりしています。

地味にもう一人の受賞者、羽田さんが糞面白そうな匂い(キャラクターが)。こっちも読まねば。

芸人・又吉直樹さんの芥川賞受賞が話題ですが、ここでもう一人の受賞者「羽田圭介先生」のヤバさを見てみましょう

 

さて、@DIMEさんのコラムで、こんなテーマで書かせていただきました。

 

「女性が目の前でやってほしくない男性の支払い所作」

 

男性の残念なお支払い作法について、女子のリアルなリアクションを集めています。かくいう私も、支払いやお金の使い方については、色んな男性を見てきました。

大体が価値観の違いだとは思いますが、

今でも

「それは、言うなよ!」

と思うお金作法があります。

 

それはズバリ

 

 

 

安い自慢!

 

 

例えば夕飯の買い物を彼がしてくれた時、買ったモノが値引きされていてお得に買えたシーンってありますよね。

それは嬉しいし、素敵なことなのですが、毎回毎回

「コレは××円安く買えた!コレは○○円お得だった。△△円は安かった〜」

 

と自慢気に話す行為、

 

これがもう嫌すぎる‼︎‼︎

 

 

たまにポロッと言われると「へ〜お得じゃん!」って素直に思えるのですが、毎回毎回安い自慢してくると、セコい奴と思ってしまうし、

はたまた

「私との食事は

値引きしないと

行うに値しないのか?」

 

なんて屈折した思考にならなくもない。

 

そんな話を関西方面の方にしたら、関西では安い自慢はいいことと受け取る人が多いと聞きました。

 

お金との付き合い方は価値観に寄るところが多いのかもね。

 

でもやっぱり、お買い得自慢は嫌だなぁ。

@DIMEのコラムも、女性ウケという観点で正解を示しているわけですが、誰ウケを考えるに関わらず、ステキなお金の使い方のできる大人になりたいものですね。

 

[end massage1]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です