【本】怖すぎる「カフェでよくかかっているJーPOPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

周りで面白い面白いって話が出ていたので、やっと読みました。

IMG_2469

「カフェでよくかかっているJーPOPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」

感想一言。

一歩違えば自分事すぎで怖い‼︎

 

あらすじ
歌手を目指すカーミィは、有名になるためなら手段を選ばないと野心メラメラの35歳。業界人と寝るのもいとわず、夢破れる友と別れをつげ、一人有名歌手への道を進むのだが…
その他にも
ダウンタウン以外認めないお笑い芸人志望
バンプオブチキンの詩をアップし続けるブロガー
口の上手い売れっ子ライターにやり込められる話などなど、
登場人物が香ばしすぎる。

サブカルこじらせの報われない話がてんこ盛りでした(`;ω;´)

 

カーミィの
「有名になりたい

手段は問わない」

 

というセリフは、ドキッとさせるし、

 

ブロガーが彼女に説教されて塞ぎ込み

「誰も、俺のことを

わかってくれない」

 

とフテる姿はまさに自意識過剰極めたり‼︎

 

最後の口の上手いライターに仲間も企画もやり込められる話は、一歩違えば自分事で、あまりハッピーエンドじゃないラストは、身近すぎて背筋が凍るようでした。

 

怖いから

二度と読みたくない!!

 

反射的にそう思ってしまいました…でも怖くなるほどあるあるな話ってことです。

結局有名になりたいとか、認められたいって野心だけじゃダメで、

周りの人に支援される人になるとか

へこたれないとか

自分を客観視しろとか

そういう事も大事なんだぜ!

って言われた気がしました。
※若干勝手な解釈です。

 

戒めのために本棚に残そうと思います(笑)

 

[終わりの告知]


【本】怖すぎる「カフェでよくかかっているJーPOPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【本】とにかくもんげーマンガ!わたしはあの子と絶対ちがうの | 雑食系恋愛ジャーナリスト「おおしまりえ」のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です