ご褒美と自己投資のさかいはどこだろう

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

昨年からダイエットをしている私ですが、どうやら私の体は凄くムクみやすいということが判明したため、極力半身浴するようにしています。

元々自宅風呂があまり好きじゃなかった私なのですが、最近地方へ出向いたときに買っておいた温泉のモトや、変わり種入浴剤を買って使う楽しみを見出し、

さらにお風呂でモンハンをする時間の使い方を見つけたため、だんだんと楽しくなってきています。

20160131-163509.jpg

これは新潟に行ったときのもの。日本酒の香りが凄く強く、かつ発汗効果もなかなかのものです。

20160131-163517.jpg

昨年神津島に一人旅へ行ったときのバスソルト。ローカル感満点のパッケージがいい!

20160131-163524.jpg

ただし、バスソルト(ラベンダー)と明日葉が混ざっていて、入浴中は葉っぱまみれで汚い感じになりました。排水時も明日葉が詰まるし大変でした(笑)

夏頃お土産で配ってしまいましたが、受け取った方々、お気をつけ下さい!!

 

 

ただですね、こう入浴剤に凝りはじめると、今度は入浴剤をムダ買いする日々が始まるわけです。

「あ、これ汗かきそう!」

「ああ、これは新商品だ!」

みたいな。

こういう女子っぽい消費って、たとえ数百円でも凄く楽しいんですよね。そして「必ず使う物だから〜」と、懐が緩くなる。

ただ、ふと、思えてくるんです。

最初はダイエットという(一応)自己投資から始まった行動が、気付けば「自分へのご褒美」というムダ使いに変わっていると……。

思えば「自分へのご褒美」という言葉が当たり前になったのはいつからでしょう。女性が男性顔負けに働き、ストレス社会で揉まれながらも経済的に自立してきたからこそ、自分へかけられるお金も増えたのでしょう…。

なんて真面目に話してみましたが、この自分へのご褒美は、クセになると未来の幸せを削る可能性があるって思ったんです。

 

たとえばコンビニスイーツとか、女子会とか、スタバのラテとかを毎日なり毎週なり買い続けると、月の支出って1万円とか平気で越すじゃないですか。

そのときは「サイコ〜☆」って思えるし幸せなんですけど、その1万円とか2万円が手元にあったら何ができるかなってことを、ついつい考えてしまいませんか?

貯金額としてはパワーは小さいかもしれませんが、その1万円を手元にスロットを打ちにいけたら…

IMG_3385

もしかしたら数倍に増やせたかも…

 

 

って、

その発想もクソだあああ!

 

 

 

 

はっ、あっ、ごめんなさい。ギャンブルもただの浪費でした。

 

ただね、お金のクセっていうのは、アラサーくらいである程度整えておかないと、この先けっこう大変じゃないかなと最近思うんです。

結婚かシングルの人生か、ライフイベントがどう転ぶかは別として、まだ老後の貯蓄とか資産形成に対して準備がなくても挽回可能なアラサー世代って、人生の小さな棚おろしするにはいい時期ではと思うんです。

まだ転職とかも可能だし!

 

その第一歩として「自分へのご褒美の見直し」なんですね。

そして書いていて恥ずかしくなりましたが、私はギャンブルとの付き合い方も、考えなくてはいけないのです!

 

そんな気持ちをもう少ししっかりとanan総研でエッセイにまとめました。

an20160120

自分へのご褒美グセは婚期を逃す!?

 

ホントお金の使い方は難しい!

 

[終わりの告知]

モンハンで気づいた!ハンタースキルだけ高い恋愛ベタな女たち

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

ちょっと出遅れましたが、最近やっとモンハンクロスをやり始めました。

20160130-185459.jpg

 

アイルーの名前は覚えられないので回復系アイルーの名前は「かいふく」。収集系は「あいてむ」と、まんまの名付けです。

 

 

モンハン好きと言い張っても、まだ村クエに苦戦している私ですが、今まで大剣使いだったのを操虫棍に変えたら面白い面白い(ただ上手くはない)。

虫嫌いのクセにエキスをじゅるじゅる吸わせてウヘウヘしています。

近々モンハンカフェにも行こうと思っているので、もっとやりこまねば…だいぶ下手くそな私ですが、モンハン友達探してます!

 

そんなモンハンを久々に楽しんでいて、ふと恋愛とモンハンについて思うことがありました。

 

モンハンってやったことない人には「?」だと思うので、改めて説明すると、

正式タイトルは「モンスターハンター」。名前のとおり、メインはモンスターを狩るアクションゲームです。

ただ、強いモンスターを狩るには、自分の装備や狩りのサポートをしてくれるお供猫を育成していくことが必要です。いい装備のために延々素材集めをしたり、同じ敵を倒しつづけて素材をゲットしなくてはいけないのですが、私はこの育成がクッソ苦手!!

「とにかく狩りたい!」

と、思って装備も整わずに強い敵に挑んで殺されて、ギャースカ騒いで、装備とかお供の育成にしぶしぶ励むんですね。

 

それと恋愛になんの関係があるんだよと言う話ですが、最近ちまたでは「モテないわけじゃないけど、恋愛ごぶさたな女子」が増えています。

二年以上彼氏もセックスもしていないと「セカンド処女」なんて呼ばれ方をしますが、もう少し広い範囲で、恋愛苦戦中の大人の女性のイメージです。

 

「昔は彼氏が途切れなかったのに今はモテない」

「彼氏はいるけど、結婚にたどり着かない」

「イイ男が全く周りにいない!」

みたいな…。

 

色んな理由はあれど、基本いい彼氏とめぐりあえずに密かに焦っている女性たちです。

この昔は恋愛できていた。でも今はできない状態って、ハンタースキル”だけ”がそれなりにあるから慢心している人のことではないかな〜と思うんです。

 

恋愛する力=ハンタースキル(コミュ力とか、ビジュアルの良さとか小悪魔力とかをごっちゃにしたもの)と置き換えて感じてみてください。

 

A子の主張
前は恋愛はできていたのに、周りいイイ男がいないだけ=相手の男性を育成してイイ男に育成する力がない=付き合う男性を育てるブリーダースキルがない

 

B子の主張
恋愛は今までだって普通にできていたのに、付き合うまでたどりつけない=自分のハンタースキルに過信しすぎて、装備をアップデートしないで格上モンスター(イイ男)に挑もうとする=自分を育成するブリーダースキルがない

 

C子の主張
付き合う彼氏と結婚までたどりつけない=男性を結婚にむかせることができない=彼氏を結婚相手に育成するブリーダースキルがない

 

 

ブリーダースキルが

ないっ!!!

 

そう。過去にイケていた人ほど、ハンタースキルはあって、それを自覚しているから、ブリーダースキルを伸ばそうとせず、30歳くらいを境にモテなくなるんですね。

学生時代はカワイイor美人枠でモテていたのに、今は恋愛に苦戦している子っていませんか?私は4、5人知っています(笑)

 

いわゆる「結婚向きの女」と「彼女向きの女」というくくりがされるのは、まさにこのハンタースキルが高い女か、ブリーダースキルが高い女かという違いのような気がします。

もちろん両方高いにこしたことはありませんが、どちらも生まれながらに持つというのは非常に難しい話。

であれば、足りない部分を後から学びとろうとする女が最後に笑うんでしょう。

 

ということで、「わ、私はちがうもん(汗)」と思う恋愛ご無沙汰な女子は、モンハンした方がいいよ!

そしてもれなく、

「狩り楽しい!」

「育成だるい!

と思う場合、あなたには育成スキルがないということです。

 

………あれ、それって私のこと!?

モンスターをザクザク切るのが快感!

 

 

[終わりの告知]

 

小保方晴子女史の手記で感じる責任を持って対応するということ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

1月28日に、STAP細胞騒動の中心人物である小保方晴子女史が講談社から手記を発売しました。

IMG_3976

 

 

 

 

それに伴って、今回、女性自身さんで少しいつもとテンションは異なりますが、手記およびバッシング報道の一連について、どうしてあそこまで加熱したのかを振り返り分析しました。

 

 

j20160128

手記発売で反撃?なぜ小保方晴子女史はこんなにもバッシングされたのか

 

真実は分かりませんので、あまりガチャガチャ品なく語るのもどうかなーと思いながら、手記を読ませていただきました。

この書籍に書かれた、小保方さんのエピソードや対応方法が仮に真実だとしたら、私たちは自分事としておきかえた場合、トラブル処世術は学ぶべきことが沢山あるのではないかなと感じました。

 

たとえば、博士論文の不備が分かったとき、彼女はマスコミに論文が流れないよう事前に大学や先生に掛け合ったそうです。

ただ、先生からは「すぐに疑義が挙るなんてありえないよ」大学側からは「今回収したら逆にマスコミに嗅ぎ付けられるから」と言われて、回収を断念するシーンがありました。

こういう、”誰かに言われたからマズいと感じたけれど途中で断念した。心配だけが残った”みたいな話が、今回の手記には多く書かれていたんですね。

その結果全てが裏目に出たという話しの流れになるわけですが、何かトラブルの渦中に自分がおかれたら、周りの人を信じることも大切だけど、最後は自分の判断でケツを拭ききらなくてはいけないのだな。ということを反面教師的に強く感じました。

 

本書は彼女の幼少から研究者としての半生が淡々とかなり詳細に書かれている本です。半分以上は私のような一般人にはわからない内容です。

ただ、大きな事件として扱われた本件を「おぼちゃんの虚言」みたいなバッシングで終わらせるのも、いささか感情的ではないかと思います。

もちろんこの件で優秀な研究者の命が絶たれているわけで、軽々しく「おぼちゃんがやっぱり正しいのでは」という意見を言うことも違うと思います。

 

かの天才ヘンリー・フォードは

失敗とは、よりよい方法で再挑戦する素晴らしい機会である

なんて名言を残しています。

小保方女史が再挑戦するかは彼女の心しか知り得ないことです。

ただ手記が出版された以上、「犯罪者の本だ」と決めつけるのではなく、私たちもこの大きな一連のバッシングという失敗から、学ぶべきことが沢山あるのではないでしょうか。

 

 

 

[終わりの告知]

「懐かしい」という気持ちで消費される私たち

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

またしても軽く風邪を引いてしまいました。鼻水と喉の痛みとだるさが抜けず、ダイエットを少しゆるめて、沢山寝るようにしています。

トレーナーさんから「ダイエット中は痩せにくくなります。今は体に良いものを食べて回復させてください」と言われているから、減量は回復するまであきらめなくちゃと思いつつも、ついついヘルスメーターに乗って、体重計が増えていると自己嫌悪に陥る私。

もはや病気!

でも「体にいいものを食べる_というアドバイスは実行するワタシ…

IMG_3880

風邪に焼き肉…。

 

最近肉なら食べていいからと肉に凝っている私なのですが、もう1つ凝っているものがあります。それは

 

セーラームーン!

いまさらですよホント。

昨年に20周年を迎えたセーラームーンは、アニメがリバイバルしており(こっちも観てたけど私はあまりハマれず)その流れで当時のセーラームーンキャラを使った、大人向けグッズが大量に販売されているんです。

私も例に漏れずガンガン雑貨を買いまくって、カードにキーホルダーに、フィギュア集めとはしゃいでいます。

IMG_3472

ちなみにクレーンゲーム限定のフィギュア10体全部揃えてしまいました(笑)多分総額2万くらいかかっている…大人ってバカねえ。

 

ただ最近、はしゃぎながらもすごく切ない気持ちになってくるんです。

それは、

私の「懐かしい」が消費されている…

って気持ち。

 

当時小学生だった私は、グッズは限られたお小遣いの中でしか買えず(それでも結構買ってたけどね)

当時大好きだったけど手に入れられなかった気持ちを満たすように、今セラムングッズに手を伸ばしているわけです。

 

ただ、雑貨とかガチャガチャとか、ピーチジョンからセラムン下着すら発売されている状況をみて、

もはや懐かしいという気持ちや、欲しいという気持ちはどんどん薄れていく。

 

そんな冷めていく自分を感じながら、

20年越しにセラムンに飽きはじめる自分を感じ

すごい悲しい気持ちになるんです。

 

ああ、あんなに大好きだったキャラクターが大量消費されている姿をみて冷める自分は、本当に好きじゃなかったんだなーみたいな。

こんな気持ちって、みなさんは感じることありませんか?

 

ちなみに今週発売の週刊ビッグコミックスピリッツでは、「東京ラブストーリー」の25年後を描いた作品が掲載されました。

世代じゃないけど速攻読みに行きましたよ!

オバさんのリカと、オジさんのカンチ…ネタバレするので詳細ははぶきますが、やっぱり輝いていた若者たちがオバさんになっている姿を見るのは辛い。

そこがリアルだし、オバさんのビジュアルでもイイ話しにはなっているのですが、キラキラした瞬間を捉えてそのままにしてほしかったなーという気持ちもあり…。

というか、これドラマ化の布石ですか?

私たちって「懐かしい」をどこまで消費されるんでしょうか。

若い人がお金を使わないしテレビもみないからって、いい加減もう懐かしい消費には抵抗をみせたい私です。

 

でも、今日またこんなガチャをみつけてやってしまった…えーん。

20160127-195641.jpg

 

[終わりの告知]

クーポンを使う男にイラつくのは、自分の価値を値段にしているから

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

週末の帰省はとても楽しくて、読書ざんまいの二日間でした。

仕事しようかなーと思って帰ったものの、なんとなく気が入らない。別にもてなされたわけでも、特別疲れているわけでもないのに…だから3日以上いると、体も心も表情筋もだらけるのかも…。

 

実家には10年前に私が拾った猫がいるのですが、おとなしくて可愛いのですが、イマイチカメラの前では愛想がなくて…

IMG_3892

基本無視。愛想がないというか、カメラの持ち主が嫌いなんでしょうか。

 

IMG_3893

愛想がなくても、私は好きだぜ!

IMG_3890

ニラんでんじゃねーよ!命の恩人なのに…

 

猫は太古から愛想が犬ほどないのに、その愛らしさだけで人から愛され生き延びていたわけで、この猫の「愛され力」は見習いたいものです。

ただ、猫になくて私たちにある邪魔なものがあります。それは、

 

女のプライド!

 

「いやいや、私美人じゃないし、プライドとかないし〜」なんて声が聞こえそうですが、あります。確実に。

 

たとえばこれから付き合うかも…くらいの探り状態の男性と食事デートに行ったとき、キッチリワリカンにされたら腹が立つ人、いますよね?

ワリカンは何とも思わなくても、おごってくれたとしても、堂々と割引クーポンを使われると「えー!?値切りやがった!」と思って、なんか残念な気持ちや静かな怒りがわいてきませんか?

 

私はあります(キリッ)

 

実は少し前、そんなクーポン系の残念シーンに出くわしました。

カンタンにまとめると、あるプレゼントをいただいたのですが、クーポンのような割引制度を使用して、ちょっと安く手に入れていたことが後から発覚したんですね。

 

私は反射的に「この人、安く上げてきたんだーあー…」みたいな気持ちになりました。怒りと残念さと不安が混じった感じですね。

嫌な女です(笑)

ただ、少ししてから疑問がわいてきたんです。

 

向こうが費用負担してくれたのは事実なのに、「割引行為をした=安くすませようとした」という1点だけで、感謝の気持ちが吹き飛ぶほど失望するのはなぜなんだろうと。

 

それは私が”がめつい女”だからってのは間違いないのですが、がめつさが怒りとして現れるのはなぜか〜と考えていくと、1つの答えにブチ当たりました。それは、

 

負担してくれる金額を、

”女としての価値”に

換算している。

 

ということを。

「自分の価値」の中でもとくに、

「女としての価値」です。

たとえば美人でスタイルがよくてモテる人は、元々この”女としての価値”が自身の中で高くて安定しているわけです。だからおごってもらって当然と思うし、ときどき安く上げようとする男に遭遇しても「ふん!バカめ」くらいに思って無視できるのでしょう。

 

ただ、おおしまをはじめとする中の中のフツーの女にとっては、男性と触れあいながら「女として価値を感じる」という行為をつい金額や気遣いで換算しがちなんですね。

だからクーポンとかワリカンとか安くあげられると

「女として軽んじられてる…」

みたいな怒りや不安が湧いてくるのかもしれません。

どうでしょう、思い当たりませんか?

 

だから「男性に怒るのはやめようね」って言うのはカンタンなんですが、それができたら、こうしてくすぶってなんかいませんよね。(え?私だけ?)

 

そもそも私の価値と値切り&ワリカン行為をイコールさせているのが問題なのですが、きっとこれは30年蓄積された自己評価の現れなのかもしれません。

 

ただ、そういう発想で怒りをぶつけるのなら、私たちはマッサージや洋服など買って、自分で自分にお金をかけるときも、安上がりにすべきではないのかもしれません。

他人から値切られて怒りを覚えるのに、自分で自分にお金をかけるときは安く済ませるってことは、無意識のうちに「自分は安くすませていい存在」と思い込ませるようなものだからです。

 

と、ちょっぽり高尚な結論を出してみたものの、今しがたホットペッパービューティーを使って酵素風呂の予約をしてしまいました…。

 

最近ハマってるんだな…

IMG_2132

汗が凄いんですよホント。

ホットペッパーなら割り引きもあるし、ポイントも溜まるし…

 

体の毒素を抜くまえに、心の毒素を抜きなさいってね!

 

 

読んだのはすごーく前なのですが、自信のない人は加藤先生の本はとても励みになります。自分に自信がない原因をあれでもか〜これでもか〜と出してくれる本。

恋愛でも自分に対する安心感(自己肯定感ってやつですね)がないと、依存型の恋愛や、心の休まる相手を魅力的に感じることができなかったりするので、やっぱり自信って全ての幸せに通じる力なんだと思います。

 

[終わりの告知]