ダメって言ってるのに不倫が減らない理由


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

今週の女性自身さんで、渦中のベッキーさんの芸能コラムを書きました。
j20160107

ベッキー不倫で好感度ダダ下がり?スキャンダル処女が不倫にハマる理由

 

人気タレントさんのスキャンダルとあって、昨晩からかなり賑わせてますね。

このコラムについても、「何でベッキーを応援してるんだよ!一番不憫なのは奥さんだろう」とお叱りをいただきましたが、それにはちゃんと理由があります。

私は、不倫は悪いことでもあると思いますが、それよりなにより、迷惑のかかることだと思っています。奥さんとか周りの人とか、もちろん本人もキズつくことです。

そして「幸を掴む」という点においても、非効率なので辞めましょうねと、散々言っています。

が、しかし、

こんなにフルボッコで世間が叩いてしまっては、ちょっと可哀想すぎませんかという気持ちがあったので、最後は応援で締めました。

私たちがボッコボコに責めなくたって、当の本人は深く反省し、これから多額の金銭や行動で謝罪していくのです。

仕事だって、我々庶民が騒がなくとも大ダメージを受けているのは必至。
不倫というのは民事的にはアウトな失敗ですが、それで「人生全体がアウト!」とこちらが追い込むのは、いささか極端すぎませんかというのが私の気持ちです。

 

と、私が言ったところでどうにかなる問題ではないので、

全国の女性の皆さん、

不倫はやめましょうね!

(結局まとめはそうなります)

 

 

しかし、疑問に思うのは、もう恋愛コラムとか多くのニュースで、

 

「アラサーは不倫しちゃダメだよ!

人生棒に振るよ!!」

 

という情報は流れまくっているのに、どうして不倫は減らないのでしょうか。

 

「そんなの女の股がユルいからだ!」

 

という主張もわかりますが、もう少ししっかり考えてみると、恐らく不倫の情報量不足が問題なのではないかと思っています。

たとえば

・不倫の恋がどうやって始まるのか?

・不倫の恋の楽しさと苦しさは何なのか?

・不倫はどうやって泥沼になっていくのか?

・不倫がもつれるとどうなるか?

恋の始まりから終わりまで、気になるトピックスをザッと上げてみましたが、どの情報も普通の恋愛ノウハウよりも、情報量はグッと少ないと思うんです。

”泥沼”と”もつれ”については、多少情報もあるかもしれません。しかし、たとえば不倫がもつれて裁判沙汰になると、いくら慰謝料が必要か…相場や慰謝料の判断基準などは、意外と知られていません。

ともすると、

不倫はダメ!

という情報はすでに世間に出回っているものの、

どう不倫に気をつけたらいいのか?

不倫を経験してしまったらどんな道が待っているのか?

という実害的な話しは、まだまだ少ないのではと思うんです。

 

ちなみに取材をしていると、不倫の大半は普通の恋とはなんら変わらない始まりをするそうです。そこで未婚女子達は、そんな不倫に遭遇し、

「え?これが不倫なの?」

と拍子抜けするんだそう。

そして不倫の恋愛も、普通の恋愛と何ら変わりなく、結構オープンにデートしている関係も多いようで、そんな未婚同士のお付き合いとあまり変わらないのに、

「これは不倫なのだ…人道を逸した行為なのだ…」

と、しっかり自ら自制心を働かせて、罪悪感を自ら感じて清算することは、なかなか難しいよね。

 

だって、人間だもの。

 

 

これが不倫が減らない理由の1つではないでしょうか。

 

最後に、不倫中の女性に言いたいのは、

見つめるべきは目の前の優しい顔をした男ではなく、幸せな自分の人生です。

どうか1回限りの人生、悔いのないよう走りぬけましょう!

 

[終わりの告知]

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。