「懐かしい」という気持ちで消費される私たち


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

またしても軽く風邪を引いてしまいました。鼻水と喉の痛みとだるさが抜けず、ダイエットを少しゆるめて、沢山寝るようにしています。

トレーナーさんから「ダイエット中は痩せにくくなります。今は体に良いものを食べて回復させてください」と言われているから、減量は回復するまであきらめなくちゃと思いつつも、ついついヘルスメーターに乗って、体重計が増えていると自己嫌悪に陥る私。

もはや病気!

でも「体にいいものを食べる_というアドバイスは実行するワタシ…

IMG_3880

風邪に焼き肉…。

 

最近肉なら食べていいからと肉に凝っている私なのですが、もう1つ凝っているものがあります。それは

 

セーラームーン!

いまさらですよホント。

昨年に20周年を迎えたセーラームーンは、アニメがリバイバルしており(こっちも観てたけど私はあまりハマれず)その流れで当時のセーラームーンキャラを使った、大人向けグッズが大量に販売されているんです。

私も例に漏れずガンガン雑貨を買いまくって、カードにキーホルダーに、フィギュア集めとはしゃいでいます。

IMG_3472

ちなみにクレーンゲーム限定のフィギュア10体全部揃えてしまいました(笑)多分総額2万くらいかかっている…大人ってバカねえ。

 

ただ最近、はしゃぎながらもすごく切ない気持ちになってくるんです。

それは、

私の「懐かしい」が消費されている…

って気持ち。

 

当時小学生だった私は、グッズは限られたお小遣いの中でしか買えず(それでも結構買ってたけどね)

当時大好きだったけど手に入れられなかった気持ちを満たすように、今セラムングッズに手を伸ばしているわけです。

 

ただ、雑貨とかガチャガチャとか、ピーチジョンからセラムン下着すら発売されている状況をみて、

もはや懐かしいという気持ちや、欲しいという気持ちはどんどん薄れていく。

 

そんな冷めていく自分を感じながら、

20年越しにセラムンに飽きはじめる自分を感じ

すごい悲しい気持ちになるんです。

 

ああ、あんなに大好きだったキャラクターが大量消費されている姿をみて冷める自分は、本当に好きじゃなかったんだなーみたいな。

こんな気持ちって、みなさんは感じることありませんか?

 

ちなみに今週発売の週刊ビッグコミックスピリッツでは、「東京ラブストーリー」の25年後を描いた作品が掲載されました。

世代じゃないけど速攻読みに行きましたよ!

オバさんのリカと、オジさんのカンチ…ネタバレするので詳細ははぶきますが、やっぱり輝いていた若者たちがオバさんになっている姿を見るのは辛い。

そこがリアルだし、オバさんのビジュアルでもイイ話しにはなっているのですが、キラキラした瞬間を捉えてそのままにしてほしかったなーという気持ちもあり…。

というか、これドラマ化の布石ですか?

私たちって「懐かしい」をどこまで消費されるんでしょうか。

若い人がお金を使わないしテレビもみないからって、いい加減もう懐かしい消費には抵抗をみせたい私です。

 

でも、今日またこんなガチャをみつけてやってしまった…えーん。

20160127-195641.jpg

 

[終わりの告知]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。