30歳独身女が相席屋で知らない男のケンカを買ってきた1


売られた喧嘩は必ず買います

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

先日、行きたいと思いながらもずっと行けていなかった相席屋に行ってきました。

相席屋がどんなところかご説明すると、男性と女性がそれぞれ知らない人同士が相席をして、お酒を飲みながら交流を行うという、いわば「即席合コン居酒屋」です。

 

飲み放題で女性は食べ物も飲み物も無料!美味しい物はあまりですが、コスパ◎といった感じでしょうか。

IMG_4017

ただし2杯目からはセルフサービスとのこと。面倒ですが0円なら文句は言えません!

 

昨年ブレイクしてバンバン店鋪が増えているということで、3月には沖縄にも店鋪ができるんだとか…どんだけ相席需要高いんでしょう!

 

そんな相席屋ブームも落ち着いたため、やっと行ってきました。

平日午後9時入店。

店内は当然個室となっており、格子の扉から男女が盛り上がっている姿が確認できます。

IMG_4016

壁にはところどころ名言が貼りつけてあります。

「あきらめたらそこで試合終了」

「信じよう相席の力を」

…ってこれスラムダ…版権大丈夫???

 

そんな事を考えながら、しゃべっていると早速マッチングが開始されることに。

 

しかし、私はまだ気付かなかったのです。

このマッチングが、悲劇を生むということを…

 

 

 

「よろしくで〜す!」

 

と軽快な挨拶で入ってきた男性。

飲食店勤務で上司と部下という間柄のお二人。ホロ酔いな感じで挨拶をかわします。

上司は色黒で細身。いわゆる元ヤン風のアキさん(仮名)33歳。

部下はがっちり体形で優しそうなタロウさん(仮名)27歳。

 

最初の乾杯を済ませたと同時に、ゴングが鳴ります。

 

カーン!!

 

 

それは、アキさんの一言から始まりました。

 

「ていうかさ、女の子に聞きたいんだけど、ぶっちゃけ、合コンで男に全額奢ってもらった方がいいもんだよね?」

 

え…この人、私の奢り記事でも読んで来てるのか?

なんて一瞬疑いながらも、私も一応恋愛の専門家。丁寧に個人的な回答をしていきます。

 

「全額奢ってもらったらもちろん嬉しいけど、合コンで全額奢ってくれたからと言って、その人に対する好感度がぐーんと上がるという事はないですよ」

こんな感じの答え方をしました。するとアキさんは

「いやいや、って言ってもさ、奢ってくれた方が嬉しくない?」

この時点で、面倒くさい臭がしていました。

だって私は、「嬉しいけど好感度に差はない」という回答をしたはずなのに、そこをガン無視した返答が返ってきたのです。

 

 

もちろん嬉しいです。ただ、そんな飛び上がる程嬉しいってことはなくて、ワリカンになっても3割負担になっても、「あ、そう。」くらいにしか私は思いません

すでに凄くイイと思える人だったら、最後にワリカンにされたからと言って、その「イイ」が激減することはあまりないと思うなー」

 

こんなことを伝えたと思います。

ちなみにタロウくんは「なるほどね、好感度の基礎ポイントは変わらないってことね」みたいに納得してくれました。そこで話が終わると思ったら、

アキ@ヒートアッッップ!

「そんなこと言ってさ〜…ていうか、

なんで

そんな

深く考えんの?」

 

ふ…………

 

深く………????

 

 

それは、

アンタが、

振ったから

だーーーYO!!!!

 

 

短気な私はもちろんイライラしてしまいました。フツーに話したいのに、この話題に答えたらこんなに突っ込まれて、あげく「面倒な女」的な言われをする私。

「あ〜奢ってもらった方がいいにきまってんじゃん!嬉しいっしょ!ワリカンあり得ねー」なんて適当にぱっぱと言っておけばよかったのか…と後悔しつつ、深呼吸。

 

 

(諦めたらそこで試合終了だ)

フーフーフー(深呼吸音)

 

 

「深くなんて考えてないよぅ☆

ていうか、毎回全額奢ってくれるなんて、

男気

あるんだね〜」

 

 

どうでしょうこの模範解答!(なのか?)言ったあと心の中で

「おおしま偉いっ!」

と自画自賛です。(ちょっと遅いけど)

アキさんも

「男気って(照)そんなことないけど…奢るのは当然っしょ(照笑)」

まんざらでもない様子。

水商売で鍛えたこじつけホメ力を発揮して、なんとか険悪なムードを乗り切った私でした。

が、

 

「ていうかさー何でこんな話し、ずーっとしてんの?何でなんで?」

 

 

イラララッッイラッッ

 

 

だから、

アンタが、

振るから、

だYO!!!!

 

と心の中でツッコミながら、もう1回深呼吸。

 

だめ、正論言っちゃだめ。ケンカは今日は買っちゃだめ。流すんだ!流せおおしま。

 

…ニコリ…

 

 

 

「えーっと、

それは、アキさんが

ずっとこの話しを振っているからですよ」

 

 

 

バサリ!!!

 

 

本当にフツーに正論で切り返してしまいました。

本当本当に、笑って流せない私は未熟者です。

 

だって、お金もらってないんだもん!

0円で飲んでますけどね(笑)

 

 

タロウさんが

「そうそう、アキさん、そうですよ〜この話し終わりにしましょう」

一緒にいたAちゃんも終始苦笑。

二人の加勢により、

 

「そ、そうか!俺のせいかーハハ!じゃあこの話し終わり〜」

 

と、バッサリ切られた事に気付いたか気付いてないかは定かではありませんが、アキさんも納得した模様。この合コンは奢るべきか問題についてはひとまず終了となったのでした。

 

 

しかーし、

 

その後またしてもアホなアキさんのお陰で、会話は私とのケンカモードになってしまうのでした…次回へ続く

 

 


30歳独身女が相席屋で知らない男のケンカを買ってきた1” への2件のコメント

  1. ピンバック: 30歳独身女が相席屋で知らない男のケンカを買ってきた2 | 雑食系恋愛ジャーナリスト「おおしまりえ」のブログ

  2. ピンバック: 相席屋で本当にいい出会いはあるのかまとめ | 雑食系恋愛ジャーナリスト「おおしまりえ」のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。