バレンタインは「あげるイベント」から「ネタにするイベント」へ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

昨日はバレンタインデーでしたね。楽しかったですか?

 

日曜日とあって、全然盛り上がりを感じられなかった今回のバレンタイン。

それが日曜日だからなのか、恋愛市場が盛り上がっていないからなのかは不明ですが、とりあえず、ただチョコを渡すだけのイベントに、人はもう、あまり刺激を感じないということがよくわかりました。

いや、むしろ、他人に何かを与えるイベントに、人は魅力を感じないのかも。自分が主役級になれるコトに飢えているのかもしれません。

バレンタインも仮装とかしたらいいんですよ(笑)

20160215-122554.jpg

一応偵察を兼ねて、13日にはプランタン銀座のバレンタインフェアに足を運びました。

確かに土曜の昼なのに会場は比較的空いていました。

20160215-123347.jpg

今年は(近年の傾向?)ショコラティエの作るコロンと可愛い一口チョコが人気らしく、販売商品は、ほぼそればかり。

ケーキ大好きッ子な私としては、「味の区別も想像もつかないから、惹かれない!」と、食べる立場ではないのにブーたれていると、「”あげるワタシ”が満足できるチョコを買うんだから、女の子自身が可愛いと思える商品を売ったモノ勝ちでしょ」

と、一緒にいた男性が的確な指摘…。

むむ。そうだ。バレンタインってあげる側の自己満足イベントだったわ。

 

ただ面白いのは、Twitterをはじめとするネット上では、「チョコもらった!」「バレンタインだから作った」「バレンタインあるある話」「バレンタイン自虐」的な、ネタ投稿がものすごく多くって、

このリアルでの盛り上がっていない空気と、ネット上での盛り上がりっぷりの差には、ちょっと驚きます。

以前誰かが、ネットが当たり前になったことにより、観客よりも演者になりたがる人がもの凄い増えた。その結果、観客のいない演者ばかりになった。

みたいな話を聞いたことがあり、今回のバレンタインもふとその話を思い出しました。

誰かにチョコレートをあげて気持ちを伝えるよりも、バレンタインを題材にして自分が目立ちたい。キラキラしているor面白い人と言われたい。ってことでしょうか。

 

気持ちは分からなくもない…

ちなみにじゃあ私は最終的に、バレンタインに何をしたのかというと、結局高級なおチョコは選べなくて、サンマルクカフェのデニブラン無料券をあげました。

(無料ドリンク券を使い切っているのがポイントです☆)

20160215-122342.jpg

 

安定の美味しさですからね。
※プレゼントも一応あげましたよ。

ちなみに2月14日はふんどしの日でもあるということで、例年密かに盛り上がっているみたいです。

ふんどしなら「自分が主役になれるイベント」ですね。来年はふんどし流行るかも…うーん、でも、女子が着飾れないから、やっぱり難しいかな?笑

 

 

 

[終わりの告知]

【映画】海街diaryをリアル三姉妹の次女が観たらしんどくなった

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。
木曜日は仕事を終わらせてから、映画「海街diary」を観ました。

方々から絶賛されているし、日本アカデミー賞とかも受賞されていて注目度高いですよね。

20160212-133148.jpg

個人的に、主役を張れる美人女優を4人も揃えてるなら、いいモノが出来て当たり前だろう…くらいに屈折した気持ちを持っていたものです。

ざっくりあらすじを書くと、

両親の離婚後、祖父母の持つ鎌倉の家に住まう三姉妹(長女:綾瀬はるか、次女長澤まさみ、三女夏帆)。実の父が亡くなったということで、腹違いの四女すず(広瀬すず)を引き取り、女4人で暮らしはじめる家族の物語。

それぞれ父親や母親にシコリを残しつつも、すずと一緒に住まうことで、新しい家族を築き上げていく1年間の物語です。

 

鎌倉の美しい風景と、美女。そしてシラスが美味しそうな本作ですが、開始早々ある事にきづきました。

 

あぁ…

美しい姉妹モノを観るには、

私は姉妹のリアルを知りすぎている。

 

胃がずーん。

 

私は三姉妹の真ん中子。よくも悪くも…というか、姉妹の悪い部分を知りすぎているんですね。

 

立場的には長澤まさみ演じる次女の佳乃的なポジションになるわけですが、まーお姉ちゃんとのやり取りには、だいぶ「わかる〜!っていうか、思い出したくねえ!!!」みたいなシーンが山盛りです。

 

姉の洋服を勝手に借りてケンカになるとか!

年の近い姉妹であれば、絶対に経験があるはず。映画では妹の勝ちだったけど、だいたいリアルでは妹が負ける。

 

相手の痛いところを指摘して、怒らせるところとか!

私もお姉ちゃんも口が悪く気性が荒いので、よくやってました。そしてガチ喧嘩!

 

妹に先に風呂に入られてブチ切れるところとか!

女姉妹って全員が風呂を入りきるまでに、ほんとーに時間がかかるんですよね。みんな半身浴とかするからいけないんですよ。

 

 

そういう1つ1つの姉妹の喧嘩ネタが、私にとっては苦しくて辛くて、観てらんなくなります。

逆に美しいシーンに対しても

「こんな美しい姉妹愛、あるわけないじゃん!」

と反発心すら抱かせます。

 

たとえば庭の梅の実を年に1回みんなで積んで梅酒を造るシーンがあるのですが、全員が協力しつつ縁側でくつろいでるんですね。

 

絶対姉妹でやっても

こんな和やかなムードにならないからね!

 

そこでふと思い出されたのは

幼少の頃の苺狩り事件です。

 

我が家では小さい頃、食育教育…というか父親の趣味で、毎年家から車で20分くらいの場所に、苺畑をスペース借りしていました。つまりシーズン最中は苺狩り放題の食べ放題なんです。(管理事務所が畑の管理をしてくれるから、私たちは黙々と摘むだけ)

ステキって思うでしょ?

ただね、毎日狩りに行かないといけないんです。

毎日ですよ!(笑)

 

苺狩りといえば、観光半分の楽しいイベントだと思われがちですが、

毎日となるの、もう拷問

 

スペース全部の苺を毎日黙々と狩る姉妹+母。

忙しい日も熱い日も

行きたくない日も問答無用で苺。苺。苺。

そんな辛い農作業の中、喧嘩もしたし、行きたくないやりたくないとダダをこねて怒られて、

苺畑へ連日強制連行!

 

狩りの最中の30分くらいは拷問です。

しかし、それも最後の方は、塾があるとかそういう理由で、お母さんに押し付けていたように思います。ごめんなさい。

 

 

しかも毎日狩れるから、家は苺で溢れ返るわけです。

 

デザート苺。

朝は苺ジャム。

苺のババロア。

お母さん苺以外が食べたいー!!!

 

ってなって、苺は大量に余らせてしまうんですね。ああ苺の神様、すみません。

 

 

それから数十年たった今、私は少し前まで苺があまり好きじゃありませんでした。

ここ最近、大粒の苺の美味しさにやっと気付いたため、楽しんで食べれております。

苺狩りも3年程前にリハビリ的に観光で行くまでは、私の中ではずーっと拷問なイベントでした。苺狩りって、本当は凄く楽しいイベントですよね(笑)

 

ああ、海街diaryの話をするはずが、なぜ私は苺の話をしているんでしょうか…。

 

でも、1つ言えることは、

あの物語って、

男性が思う、理想の女姉妹を描いた物語なんだろうなって思いました。

原作はもう少し違ったので、恐らく映画の演出がそういう感じなんだと思います。

 

家での女姉妹の姿って、あんな綺麗な感じじゃありません。スッピン×メガネ×ひっつめです。

女同士の喧嘩って、本当に口が汚くドロリとしたものです。「死ね」とか「アンタ」とか汚い単語が沢山出ます。

親に対する憎しみや失恋をしたとき、あんなに綺麗に吹っ切れる女はいません。

親に聞かれるからと、姉の自室に逃げ込み、二人で夜中までグダグダ話して、あげくそのまま寝落ちた日々が、懐かしい。

女姉妹って、

美しくはないけど、いいもんなんだよねー…

 

海街diaryは、綺麗な鎌倉で綺麗な四姉妹が綺麗な家族愛を紡ぐ物語として、とても心が洗われる作品でした。

 

お姉ちゃん、元気にしてるかなー

 

[終わりの告知]

25歳というだけでマウンティングされる30歳

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

2月は寒いからこそ、

外へ出かけよう!

 

そう決意したら、ありがたいことに潜入取材(という名の婚活やら女子会)が沢山きまって、毎週どっかの婚活場へと足を運んでいる私です。

IMG_4041

ひさしぶりに赤坂行きました。昔の職場。Bizタワーのあたりって、こんなにオシャレだったかしら?

 

ただああいうところに足を運び続けると、ムダに査定を受けたり、マウンティングをうけたりで、やっぱり疲れが溜まるものです。

出会った男性からチラチラとスペックの確認をうけるのは仕方ないのですが、その場で女子と仲良くなったと思ったら、ナチュラルにチクリとくる単語を指さされることもあるんですね。

 

たとえばこの前ある街コンにいったときのこと。

たまたま隣の席になった女の子がいたので、ナンパして仲良くなりました。

不思議なもので、女子って全く知らない人同士でも「婚活」という共通話題があるだけで、3秒で仲良くなれるんですよね。

 

「このイベントよくくるんですか?」

「始めてなんですよー」

「あー私もー」

「結構婚活とか、してるんですか?」

「色々行ってますよ!」

 

ってな感じ。私は人見知りをあまりしないタイプなので、これで仲良くなった子は数知れずです。

 

彼女は25歳ということで、赤文字系ファッションがとても似合っている子なのですが、年齢の話をしはじめるとなんだかチクチクするんです。

 

「いくつなんですか?」

「30歳です」

「え〜見えない!

ていうかお姉さん、モテそうなのに婚活?」

 

あれ、私、今、

上からモテ度の評価された?

 

 

 

「ていうか、今度合コン呼んでもいいですか?」

「嬉しい!呼んでよんで〜」

「あ、でも

お姉さんより年下になっちゃうけど

いいですか?」

 

「……いいよ!年下OKだし!」

 

 

 

あれ、今、私、

年齢でマウント取られた?

 

 

ぐぬぬ。25歳強敵である。

これが部下とか後輩とか、ざっくばらんに話せる間柄なら、ベチンベチン尻を叩いてやるのに…

 

「じゃあLINEしますね!」

「うん、ありがとう!」

とLINE交換して、ひとまず終了。

 

モチロンLINEこないからね!

 

25歳のコミュ力に、30歳の心は折れました。

 

 

男から査定されるならまだしも、同席する女性たちからも、常時心をザワつかせられる婚活よ。

ああ真面目にやるとやっぱり苦しいものだよね。

婚活。

婚活……

こんかつ…………

 

 

 

 

「こんにちは☆

先日の街コンでは

ありがとうございました^^」

 

 

ってマウントされても私、

自分から連絡しちゃうかんね!!!

25歳ってだけで、

負けてたまるかっ

 

 

ちなみにおおしまと一緒に婚活してみたい女子をゆるく募集中。

問い合わせフォームからか、メールからご連絡ください。

 

 

[終わりの告知]

 

 

 

 

加藤紗里さんに伝えたい!正しいスキャンダル便乗商法

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。
2016年の芸能界、本当に香ばしいです。1月は大物のスキャンダルに騒動がありーので2月突入早々、

狩野英孝さん二股!!!!

面白すぎる!

ので、さっそく記事にさせていただきました。

j20160204

小粒感の抜けない狩野の三角関係!面倒な女は川本と加藤どっち?

女性自身さんの記事の中に細かい経緯は書きましたが、3秒でわかるように解説します。

 

川本真琴さんが恋愛意味深ツイート「私の彼を取らないで!」と二股疑惑を暴露

数日後に加藤紗里さんがインスタグラムで狩野との交際宣言

マスコミ各社に川本×狩野×加藤の三角関係がバレる

川本さんはツイート削除&謝罪、沈黙。

狩野さんは事務所通じて2人とも友達宣言、沈黙。

加藤さんはインスタ等で狩野との真剣交際アピールするも、数日後に削除。

加藤さん、2月4日から各メディアに出まくって狩野と本気交際宣言。←イマココ。

 

泥沼とか言いましたが、実は騒いでいるのはもう加藤さん一人なんですよね。

無名のモデルさんですから、これを機に名前を売り出したいという気持ちは凄く分かるし、使わない手はないよね〜とは思います。

ただ、見ていて思います。

 

そんだけ露出するなら、

もっと戦略的にやればいいのに

 

だってせっかくのチャンスなんですよ?

彼女に注目が集まるのは、おそらく2月いっぱい。少したった頃にロンハーに軽く呼ばれるのが今のところ限界です。そこまで割り切ってテレビに出るなら、もっと割り切って戦略的にやってもいいんじゃないかなーと勝手に彼女を見ていて思ったのです。

今日はそんな加藤さんへの個人的な戦略的アドバイス(クソバイス)を、だらだらと書きたいと思います。

 

1:テレビ露出して誰を狙うのかが不明すぎる

最初に気になったのはコレです。彼女のビジュアルが細すぎるとか化粧が濃いとかさんざん言われています。

が、

私が気になるのはただ1つ。

その見た目と露出方法で、どの層を狙いたいの?ということです。

 

元イベントコンパニオンさんでモデルさんであれば、ターゲットは男性だと思います。だったら、男性を狙うのに、どうしてそんな化粧が濃いの?ギャルいの?

もっと柳ゆり菜さんみたく癒しによせるか

橋下マナミさんみたくエロ路線を出して笑いを取るか

七緒さんみたいにちゃんとしたモデルで出るとか

もっと分かりやすく立ち位置を示せばいいのにと。

 

それじゃあ「モデル!?キャバ嬢みたーい(笑)」と、女には叩かれ、男からは「なんか怖そう(震)」と言われるのがオチです。

 

あげく「狩野の女のセンスが意味不明」くらいに言われて終わってしまいます。

 

凄くスレンダーな女性のようなので、オススメはちゃんと正統派美人のヘアメイクでまとめて、七緒さん的な路線がいいかなと思っていますが、どうでしょうみなさん。

 

 

2:アピールするは「本命宣言」ではない

 

そうして露出しまくっている加藤さんですが、そこで

「本命は私」

「彼から付き合おうと言われた」

「結婚前提と言われた」

「狩野の好きなところはない」

と、あくまでも私が狩野さんに好かれているから付き合っているというアピールをしているようですが、

 

そのアピール、誰得ですか!

 

って感じではないでしょうか。

 

お相手が竹内豊さんとかだったら自慢していいと思うんです。世の女達から嫌われる小悪魔キャラがそこで確立されますからね。

でも、

申し訳ないですが、

狩野英孝さんですよ…

彼はプライベートでは、きっとモテるしイイ人なんだとは思います。ただ、世間のイメージは

「残念イケメン」

「天然」

「ポンコツ」

ですからね。そのような人から惚れられてますって堂々と言われても

 

「でも狩野さんですよね?(苦笑)」

 

くらいに思われて流されてしまいます。

だったら、

「あのポンコツ具合がめっちゃタイプで〜」

「私がベタ惚れなんです!」

「だから絶対とられたくなーーーーい!」

くらいに、振る舞った方がいいんじゃないの?と、心の中で私は毒つくのです。

 

しかしこの騒動ももって来週いっぱい。彼女が一瞬の花火となるか、これをキッカケに大々的に知名度を高められるか、その結果が楽しみです。

 

炎上といえば、ネット炎上の対策をとるならこの1冊がオススメです。

ネット世代だからこそ、中傷の仕組みを理解しつくし、絶対に炎上しない(叩かれない)振る舞いをするという荻上チキさん。

私も久々に読み返そうと思います。

 

[終わりの告知]

 

 

 

 

相席屋で本当にいい出会いはあるのかまとめ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。
「独身30女が相席屋で知らない男のケンカを買ってきた1」

「独身30女が相席屋で知らない男のケンカを買ってきた2」

で、散々相席屋で出会った男性をディスリまくった私。

たくさんの反響や励ましをいただき、本当に心が救われました!

ありがとうございます。

 

ただ、クソ男の後は普通の方ともお話できたので、あながちダメな場所とも言い切れません。そこで今日はまとめとして、相席屋のメリットデメリットをカンタンに書き記しておこうと思います。

これから行こうかな…と思っている方はぜひ要チェックです!

余談ですが、カンパイの時はカンパリ(原液)をなぜかもらいます。

IMG_4018

店員さんが「カンパリでカンパイでお願しゃーす」と言っていて、そのノリが私もう嫌すぎる…

 

 

★相席屋のデメリット1
知らない人にスペックを明かすハードルの高さが不毛すぎる

相席屋で何名かの男性とお話をして、一番感じたことです。

同じ店に居合わせた者同士が不自然に一緒になりお酒を酌み交わすわけで、その人が普通の社会人なのか、自分の身分を明かしても大丈夫なのかはすごく迷う。中には観光気分で来ている人も多いし…。

たとえば合コンだったら「○○ちゃんの知り合い」ってだけで、私たちはすんなりと自分の身分を明かせると思います。これが相席屋というたまたまの出会いに対しては、自分も相手も妙なハードルの高さを感じているのが実感としてありました。

その結果

「いくつに見える?」

「仕事当ててみて〜」

みたいな、

本当に1ミリも意味のないクイズ合戦が行われることも…

こんなやり取りをしないと仲良くなれない相席屋って不毛すぎるし、やっぱり相手に対して信用力の低い出会いの場は、それだけで効率が悪いということを痛感したのでした。

 

 

★相席屋のデメリット2
相性の合う人との確率を考えると絶望的

相席屋と現時点で1番ノリの近い場所は、恐らく街コンだと思うんです。即席合コン感が似ています。

ただ、街コンと相席屋で圧倒的に異なるのは、出会える人数の差だと思います。街コンは強制的に回転することと、イベントの規模の関係で、必ず1回の参加で10名程とは出会える場です。

それに対して相席屋は、無理やり相手を変えていくか長時間ねばらなければ、4〜8名程としか出会えないと思われます。

「お手軽な出会いの場で好きな人を見つけるのはかなり難しい」というのは常識ですから、それを踏まえると、相席屋はとっても非効率な出会いの場と言えます。

 

 

これだけ書くととっても悪い場所みたいなので、いいことも書いていきますよ!

 

 

★相席屋のメリット1
婚活スタート&婚活疲れのリハビリとして◎

女子はタダだし、予約したり幹事をしたりする必要はないし、今回の私みたいにハズレ男子に対して失礼な態度を取っても、もう二度と会うこともない!

これが相席屋の最大のメリットだと思います。

予想のナナメ上をいけずごめんなさい。

 

そんな場所だからこそ、婚活をひとまず始めてみようかな…と思う人や、婚活しすぎて疲れた人は、リハビリ的に行くのはかなり有効だと感じました。

つまり気分転換の出会いの場くらいの位置づけですね。

「私は必ず1年以内に結婚するんだー!」

みたいなガッツリ系の人は、行く必要なしです。

 

 

★相席屋のメリット2

コミュニケーション能力向上の場としてかなり活用できる

男女どちらにも言いたい話。異性慣れしていない人、人見知りな人はぜひ相席屋に通うことをオススメしたい!

相席屋は良くも悪くも男女どちらも普通っぽい人が多い店です。そのため特殊な会話能力は必要ないものの、普通のコミュニケーション能力は必須。

つまり会話やコミュニケーションの練習の場としてはとーっても有効なんですね。先ほど婚活疲れの女子にも有効という話はしましたが、相席屋はその手軽さを利用して、自分のコミュ力を見直す場として使うくらいが1番いいと思います。

 

 

今はまだ流行中なので、このような質の悪い出会いばかりが蔓延しているのかもしれません。ですが、ガチな出会いがないからこその使い方もあると思います。

 

婚活はいかに自分がいいと思える相手との的中率を高めるかが大切ですが、それよりも、自分が沢山笑って、楽しみながら行うことが1番大切です。

婚活をいつか卒業した日に「辛かった…上がれてよかった」とヘトヘトになるよりも、「辛かったけどめっちゃ貴重な経験だった!楽しかった」って思える人の方が、なんだかその先の人生にプラスが大きそうだからです。

だから、不毛な場所と書きましたが、こういう場所にも遊び心を持って足を運ぶことって、凄く大切だと思います。

恋愛も婚活も、人生も楽しくが一番です!

って、

私、

めちゃリア充っぽい(笑)

 

最近グルメ系マンガを読みあさっているので、その影響かもしれません…

 

ちなみに婚活を行うならぜーーーったいぜったい読んでおくべき必読書を紹介しておきます。

「LOVE理論」は男性版。

 

私、友達にプレゼントしたりで、合計5冊くらい買ってる(笑)

「夢を叶える象」の著者が、なぜ恋愛ができないのか、モテないのか、どうしたらいいのかをそれぞれ男性、女性へ向けて笑いとともに話しています。

基本笑える内容が8割なんですが、コミュニケーションの基礎を抑えているので、その辺を読み飛ばさないで生かすと凄くいいです。

 

「スパルタ婚活塾」は女性版です。

「スパルタ婚活塾」は女性へ向けての恋愛書籍で、どちらも本当に良書で必ず読むべしです。

ただ、スパルタ婚活塾の方が、少し男性の理想論の押し付け感を感じる部分もあるのですが(服装の話など)、それも笑いと共に「そういう人もいるのね」と知識として読んでおくといいです。

 

相席屋の怒りエピソード1から読み返す。

 

相席屋とあわせてこんな記事もおすすめだよ!

「王道モテテクは通用するのか実験してみた1」

「婚活女子に引く婚活男のはなし」

「恋愛テクニックを知るよりずっと大切なこと」

 

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram