ひな祭りなので離婚について話しましょう


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

IMG_4347

最近私、ロールケーキ病です。それも安いコンビニロールケーキ病です!

2ヶ月のダイエットが終わり、リバウンドしない程度にお菓子を食べるのがクセになってしまい、そんな中でのロールケーキ病。危険です。

 

 

でも今日はいいか。食べて!

たって今日は、桃の節句ということで、ひな祭りです。女の子が主役です。なんでも甘やかしていいんです(そうなの?)

そんなときにまた不謹慎な話を…と思われるかもしれませんが、私、ふと思い出してしまったんですよ。結婚していたときのことと離婚したときのことを。

なんで今日なの?何があったの?って話ですが、自分の変化に、びっくりしたお話です。



 

キッカケは、ひな祭りということで、ニュースに雛人形のことが掲載されているのを見たときです。

 

「鴻巣」

 

はい、この字、みなさん読めますか?

埼玉出身の方なら、読めると思います。

 

 

 

正解は「こうのす」。

埼玉の運転免許センターがあるため、埼玉人なら大半が利用したことがあり、わかるというわけです。

この鴻巣なのですが、運転免許以外にも有名なものがあるんですね。それが「雛人形」です。人形の街と言われているので、ここ最近ニュースに出てくるというわけです。

そんな鴻巣なのですが、結婚していたときは埼玉県民で鴻巣駅のわりと近くに住んでいた私。何回か足を運んだことがあります。

駅前は運転免許系の塾があるくらいで、何にもなかったと記憶しているのですが、今回この「鴻巣」の文字を見て、

私、とっさに読めなかったんです。

 

 

えっと…

 

わしず?

 

ざわざわざわざわざわ……って、違う。

 

「かもす?」「しゅくす?」と、延々間違い続けて、もういいやと諦めて1日たって、「あ、こうのすじゃん!」と思い出した私でした。

 

その記憶の曖昧さにも驚いたのですが、鴻巣をキッカケに、結婚していた頃を思い出してみると、キレイに記憶が薄まっているではありませんか!

 

ちなみに今年の1月で、別れて丸3年となります。

3年前の話が、もう過去のものとして消去されつつあるわけです。

 

先日は高崎線の乗り方がわからなくてまごまごしたり(昔高崎線のヘビーユーザーでした)

そういえば離婚する直前は、自分の家族と私がモメて、大げんかして勘当されて大変だったこととか、

夜中にベッドで色々爆発して、泣いて、でも猫とか周りに気付かれないよう声を殺したこととか…ああなんてか弱い乙女。

1つ1つは事実として記憶はあるのに、細かい感情的な印象が、スルリと削ぎ落とされて全部が「そんなこともあったねー」な、キレイな記憶になっているとまでは言わないですが、頭の悟り領域にしまわれているんです。

 

怒りや悲しみや恨みなんて、今が楽しかったり忙しければ、なにも神社に行ったりお祓いをしなくとも、勝手に浄化されていくものなのだなーと、改めて思ったのでした。

 

 

よく結婚するなら絶対に失敗しない人を選びたいなんて言いますが、失敗はどこから来るかわかりません。(私の場合は私も悪かったのですが)

このように3年も経つと綺麗な過去として、微笑ましく思い出せることもあるようです。

もちろん仕事や私生活がある程度充実しているからこそ思える感情だとは思いますが、頑張り次第でアラサーくらいなら、人生の挽回は全然可能ということが1つ、言えると思います。

 

なるべく傷つきたくない!楽して幸せを…という気持ちを抱く私ですが、やっぱりアップダウンのある生活は、振り返ると面白い。安定した幸せに心地よさを感じる日は来るのでしょうか…

 

ところで、そんな私の実家は雛人形をどうしていたかというと、しっかり早めに片付けていました。

なんせ母親がしっかり者でしたから。

 

おかげさまで早めに行って、

早めに帰ってきましたよ。

 

って、そんなの迷信…とは思いつつも、3人姉妹がすでに成人した現在、雛人形の所在はどうなっているのか、こっそり確認してしまった私なのでした。

 

って、飾ったからって結婚できるとか、そういう話じゃないってば!




お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です