ゲスの極み乙女川谷絵音さんがベッキーさんに謝るべき理由


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

女性自身さんの芸能コラムで、年明けから、タレントのベッキーさんとの不倫騒動で沈黙を貫いていた「ゲスの極み乙女」川谷絵音さんのファン限定ライブでの発言と、独占インタビューのコメントについて分析をしました。

j2016310

そうじゃないってば…ゲス川谷が自分勝手すぎて失笑者なわけ

 

よく使われる2年前の写真が自分比でお気に召さなかったそうで、今回似顔絵は美男子仕様です。

 

そしてこの記事が本日、Yahoo!さんのコメント欄が燃えております。

Yahoo!版の記事はコチラ!現在コメント500件越え

ありがとうございます。




 

記事の中で、私はハッキリと「謝るべき相手はベッキーだ!」と明言しました。それに対して「いやいや違うでしょ!」っていろいろコメントもいただいておりますので、その点を今日は詳細に書いておきたいと思います。

 

 

■友達なら、謝るのフツーじゃない?

 

まずですね、今回の話、建前と真実がズレている点を忘れないでください。

一応タテマエ上、川谷さんとベッキーさんは「友人」です!

あほか…という話だとは思いますが、本人が言っているのであれば、もう本人同士はそこのスタンスは崩せないわけです。

 

でもね、その二人が友人関係であったら、

逆に謝らないとおかしない?

 

と思うんです。

だって

友達同士で起こしたトラブルで、一人だけ謝罪して、公開処刑になっているんですよ。

(まあ友達じゃないだろうけど)

「一緒に悪い事したなら、二人一緒に謝れ」

って学校で教わったでしょう!

 

というのが理由です。

タテマエ設定の場合の話ですが…

 

■愛した人なら、話せなくても謝ったら?

友人説は半分ギャグとして、なぜベッキーさんに謝れと言うのかというと、やはり最初の原因を作ったのは川谷さんだと思うからです。

離婚前提だからって、好きになった後にそのままゴリ押しして、恋愛経験の乏しい女性(ここはちょっと推測ですけど)を手ごめにしたわけです。

そして、彼女は可能な範囲でそこを挽回しようとしているのに、安全圏から眺めて、さらに商売繁盛までしている…

これって「ゲスの極み」ですよね。

 

そして一度は恋した女性ならば、多くは大人の事情で語れなかったとしても「ベッキーさんに申し訳なく…」くらいには、サラッと言えなかったのでしょうか。

アンチに反論する前に、恋した人への公での一言が、どれだけ色んな状況を変えるかは、考えられなかったのでしょうか。

 

一部では、今回の発言は、ゲス川谷さんが上手いこと炎上の矛先を全部自分へ向けて、ベッキーさん復活への足がかりを作っているとも言われていますが、

私はそんな優しさでの発言ではない

と思っています。

 

それは彼が今回の文春発売とタイミングを同じくして、Twitterを更新しているからです。

 

 

この発言は、記事が湾曲して捉えられることを、なるべく抑えるためにコメントしていると感じたからです。

本当に炎上をしょいこむつもりであれば、アンチに対する挑発的な事を書いてもいいし、だんまりのままでもいいわけです。

そこをあえて誠実そうなコメントを残すということは、きっと炎上をしょいこむとか、そんな裏側はないんじゃないでしょうか。

ただ、今いるファンは大切にしていきたい。という気持ちはあるのだな…と。

 

しかし今のファンも、こうしてネガティブなイメージがつきすぎると、「ゲスの極み乙女が好き」って、なかなか言いにくいと思います。

大切にすべき人たちを、ちょっと肩身の狭い気持ちにさせている点については、どうなのでしょう…ライブのMCとか文春のインタビューに答えたことで、彼等に本当にプラスになったのでしょうか。

 

そう考えていくと、やっぱりトラブルというのは、その人の無意識での考えとかが、透けて見える気がするのでした。

 

 

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram

 




 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。