プライドの高い男性にありがちなTwitterのアカウント名


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

昨日anan総研のエッセイで、男の下着を盛大にディスりました。

男のブランド下着に込められた謎のプライド。

an20160317




男性の下着というのは、女子の化粧品に匹敵するくらい、こだわっている人はこだわっているもの。

その中でも許せないのが、ホールド感を重視した結果ではなく、ただ「俺のムスコは凄いじゃろ?」と、アピールしたいがために、ブランド物をあてがう人なのです。

 

そんな意外と細部にまで感じる男性のプライドって、色んな心理が混じっていると思います。

俺は仕事できるんだぜ!

稼いでるんだぜ!

バリバリなんだぜ(何が?)

っていう感じ。

仕事頑張らない系の”ぼんやり男子”よりも全然いいっちゃいいんですが、中には「なぜそんなアピールを…」と感じるものもあります。

特にTwitter上に…

 

もっと言うと、アカウント名だけでもわかる!

そう。アイコンにもあるけど、アカウント名だけでも、匂い立つ感覚を察知することはできると思います。

今日はそんな香り立つプライドを察知する2つの話をご紹介します。

 

☆やたらめったら「社畜」アピール

Twitterに多い!社畜アピール男子。

たとえばアカウント名に「やまだたろう(社畜)」とか入れているメンズ。

なんなんでしょうアレは?

何アピールなのでしょう?

って感じますよね。私はいつも思ってます。

 

あれは、”社会の一員として必要とされている俺アピール”なのです。

だって本当の社畜は洗脳状態にあるか、鬱手前になっていることが多いもの。

 

そう考えると、ビジネス社畜男子の多いこと多いこと…

日本のモーレツサラリーマン文化が引き起こした遺産と思えばよいのでしょうか。

 

 

☆アカウントの後に肩書き入り

ビジネス社畜と少し似ていますが、社畜アピールよりも”デキる俺感”を出したい人がやる手法。

「やまだたろう@ライターお仕事ください」

みたいなのは、まだいいんです。

なぜなら、仕事を欲しいがために肩書きをつけているからです。

 

「やまだたろ@マーチャンダイザー」

だんだんと怪しくなってきました。マーチャンダイザーって何やねん!

※商品担当者のことらしい。バイヤーとかを取りまとめるらしい。
間違ってたらご指摘ください。

とか思う肩書きをアカウント名に入れている人。

 

「やまだたろう@コンテンツプロデューサー」

だから、それ、プロフィールに入れればいいでしょう?って思いますよね。

「やまだたろう@CEO」

どこのしゃちょーーーーう?

プロフィール欄に入れる前に、アピりたくてアピりたくて、もう名乗っちゃう!っていうその心理は、男性ならではです。

女性の場合、ビジネス社畜はいるかもしれませんが、肩書き依存型の人って、男性にくらべるとまだまだ結構少ないですからね。

 

日本人はアピールの足りない人種とは言われますが、私はこういうトコロでアピールする男性はあんまり好きじゃありません。

男は黙って背中で語る系が好きなのです。

肩で語っては意味がないのです。

 

こっちも読んでね!

男のブランド下着に込められた謎のプライド。

an20160317

 

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。