物件探しと恋人探しがめっちゃ似ていて悶絶した話


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

もうすぐ住んでいる家が更新のため、

最近は絶賛物件探しをしております。

 

私は自宅で仕事をするため、

少し予算が上がっても広い部屋を求めております。

そして通常よりも自宅にいる時間が長いため、

静かな部屋を求めています。

そしてそして、

通常よりも夜中動き回る事も多いため、

けっこー都内を求めています。

そしてそしてそして、

こう見えてキレイ好きなので、

やっぱり部屋にはそれなりのキレイさを求めています………

 

…………っていうか

無い!!!

 

予算を多少出すと決めても、

無い。

もう少し予算を上乗せさせてみても、

無い。

エリアをほんの少し広げてみたけど、

無い。

タイミングが合わないのか、

本当に見つからない日々が続いています。

 

すでに内見も4つの業者と5、6回くらいまわっており、

心は疲弊しております。

 

ただ、どんどん希望を失ってく中で、

私は1つ、気付きました。

 

……あれ、この感覚、なんか知ってる。

 

あ!これ、

 

婚活疲れと同じだ(笑)

 

そうなんです。

婚活疲で疲弊する感じと、

物件探しで疲弊する感じ、

凄い似ているんですね。

 

よくよく考えてみると、

共通点もいっぱいある。

・相手(部屋)に求める条件を明確にして優先順位を立てる

・沢山会えば会うほど(見れば見るほど)目が肥える
(結果決められない)

・結局フィーリングとタイミング

 

世の女性は、

部屋決めに関しては、

けっこうフィーリングを重視して

決められているように感じますが、

みなさんはどうですか?

 

ちなみに私は条件重視しすのようで、

どうしても凝り固まってしまっているという反省はあります。

 

先日内見したとき、

不動産屋さんがポロリと言いました。

「妥協できる点をいかに決めるかですよね」

 

ああ、それ、

恋人探しも一緒です(苦笑)

 

心の中で叫びました。

 

ただ私、恋愛相談をうけるとき、

求める条件が本心から出ているものなら、

それを妥協しなさいとは言わないんです。

 

たとえば学歴とか年収とか身長とか、

一般的にこの辺は妥協しろと言われがちなんですが、

条件にあげる理由がちゃんとあるなら(説明できるなら)

妥協する必要ないと思っています。

 

むしろその条件をしっかり自覚して

突っ走れ!って思う。

 

部屋探しの話に戻すと、

私にとって、広さもエリアも綺麗さも、

全部言葉にして話せる理由がある…

…と言うことは

 

やっぱりもっと粘って探せってことかーーー

 

関係ないけど最近リバウンドしてます。

IMG_5577

これ効くらしいけどホントかな?

乞うご期待

 

自己解決しかけたところで、

引き続き頑張ろうと思うのでした。

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。