熟年カップルの結婚で大事なことは愛を枯らさないこと?


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

アフター5というできたてほやほやのメディアで、コラムを書かせていただきました。

熟年カップルがファミレスでラブラブGO…次のデートはまさかの◯◯?!

img_6135

ということで、日々マジで人間観察している私が、

いろんな所で出会ったちょっとおかしいけど面白い人たちを

無断でレポートしています。

 

「あ、俺のことだ!」

と思った方は連絡ください(笑)。

 

最初はファミレスで逢瀬をくりかえす

熟年カップルについて書きました。

 

多分2回くらい、このファミレスで見かけている二人です。

 

本編では二人のアツアツっぷりしか書けなかったのですが、

この二人の会話には続きがあって、

聞いていてすごく勉強になりました。

 

それは

熟年からの結婚生活について

 

40〜50代と思わしき男女カップル。

当然(?)結婚を考えているようで、

将来どんな暮らしがいい?なんて話を延々しているわけです。

 

(ヲイヲイ!熱いぞ!やっぱり白亜の御殿に住みたいとか言い出すのか?)

なんてウキウキ下世話な気持ちを満開にして聞いておりましたら、

意外なトーク内容ではないですか。

 

男「やっぱり、お互い生活リズムがもうあるわけだから、結婚は別居婚がいいと思うんだ」

女「でも、それじゃあ結婚している意味があるんでしょうか?」

男「ありますよ!別居といっても、私会いにきますから。〇〇子さんの生活リズムを結婚することで壊して、お互い嫌いになりたくないんです」

女「そうですね。確かにそれはありますね……」

 

みなさんこの会話、

そしてこの男性の価値観、

どう思いますか?

 

私としては、お金が許すならおおいに結構!

とも思いますし、

 

年齢的な問題を考えると、もう同棲でいいじゃん!

とも思うわけです。

 

私個人的には「結婚」に夢も希望も願望もないものの(1回失敗しちゃったので)

子供ができたら籍は入れて、夫婦で育て上げる努力をした方がいいと思っているタイプです。

だからこのカップルが考えるコトは、いいとも思うし、

でも一緒に住まないとパートナーシップとしての醍醐味が失われるのでは?

と思いました。

 

とはいえ、熟年カップルというのは

こんな30代のヒヨッコとはまた、

別の価値観で生きているのでしょう。

 

もうこの先の人生、

本気で好きになる人が現れない可能性がある。

 

そう思ったら、今この目の前の人を愛し、

そして愛が途切れないよう全力で萎える目を阻止する。

 

そんなことを思うのかもしれません。

 

熟年の恋愛って、介護問題が現実味を帯びる少し前が

実はすごく1番ピュアなのかもしれませんね。

素敵です。

 

10月7日(金)

恋愛ナイトイベントを開催します

 

【申し込みはこちら】

 

場所:高円寺パンディット

 

開場時間 19:00

開演時間 19:30〜21:30

☆前売り料金 2000円(ワンドリンク付き)

☆当日料金 2500円(ワンドリンク付き)

 

【出演】

☆雑食系恋愛ジャーナリストおおしまりえ

http://oshimarie.com

☆恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表

http://momoyama-shoji.com

 

【申し込みはこちら】

 

みなさんぜひ会場でお会いしましょう!

 

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。