石原さとみ「干されたら看護師目指す」が叩かれる理由はベッキーと同じ?


こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。


地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」観てますか?

文章を書く仕事をしている身としては、非常に毎週楽しみです。

主人公の石原さとみさんがおしゃれすぎてもはや理解不能です。

でも可愛いです(笑)。

 

そんなドラマに映画に引っ張りだこ。

2016年人気女優の代名詞「石原さとみ」女史。

ぽってりセクシーなたらこ唇に、ぱっちりアイが魅力的な彼女に、

憧れを抱く男性も女性も多いようです。

しかし、最近なんだかその人気に翳りを感じずにはいられません。

002

 

ことの発端は彼女がバラエティ番組に出演した際、

「20代で描いた夢をすべてかなえたので、

30代では「看護師の勉強をしたい。(看護師に)なりたい」

 

「もし(芸能界を)干されたら」

 

と話したことが原因。

 

これを見た現役看護師の女性たちが

 

「こいつ看護師ナメてんのか!?」

と猛反発したとうわけです。

 

はっきり言って、

「ナメてんのか?」と直感的にリアクションした人たちは、

カルシウムが足りないと思う。

 

言葉の裏側をガン無視したら、

確かにナメてそうに聞こえるもの。

 

というのも彼女の幼少からの夢は「女優」と「看護師」なんだそうですよ。つまりもともとあるもう1つの夢を語っただけなんですね。

ワッと怒る前に、少し落ち着きましょう。

 

と、このようなバッシングが起きても彼女の人気は全然平気そうで、まあ干されることはしばらくはなさそうですが、

 

ちょっと今回の過剰な反発をみていて

私は最近起きた、“ある芸能人バッシング”に似た構図を思い出しました。

 

それは

 

ローラとベッキーの最盛期からの転落に似ている

 

と思ったんです。

 

 

ベッキーさんは今や裸一貫での出直しを余儀なくされ、

 

ローラさんはお父さんの問題やハリウッド進出の路線変更。

そして人気歌手との熱愛対応が仇となり、

今や「アーティストだけどちょっとマナー知らず」な印象を抱く人が増えつつあります。

 

二人の好感度を下げるきっかけはそれぞれあったものの、

正直、急落しすぎでは?と思わずにはいられません。

 

ある人は、「原因はあったとはいえ、なんで急に手の平を返したように叩かれるの?」と思うかもしれませんが、

ちゃんと共通した理由があると思います。

 

それは

人気の波が万人ウケの絶頂に達すると、

ちょっとの事でコキ降ろされる社会の流れが

今の時代には蔓延しているのです。

 

世の中は今、万人ウケのいい人や優等生を求める時代です。

だからアイドルも女優もタレントも、

みーんなソツない振る舞いをする傾向にあります。

 

その頂点が、万人ウケの頂点を極めた存在。

いうなれば

「国民的〇〇」

「みんなの憧れナンバーワン」

 

という名称を手に入れた人です。

 

ベッキーは国民的人気タレントとよばれ、

ローラはみんなの憧れのハーフモデルと言われていました。

 

そんな素晴らしい絶頂を極めると、

人間というのは面白くて、

だんだんと裏の顔を探し始めるんです。

いや、飽きたからそういう部分を見ようとするのか、

 

「この人本当はこんな悪い部分があったのか!」

「この人のこういうキャラ、もう飽き飽き!」

って、小さいことに過剰に反応するわけです。

 

そして「この人の本性はぜったいこんなはずじゃない!」という疑惑が高まっていく。

不倫報道直前のベッキーさんは「元気の押し売り」って

ずっと言われていましたからね。

 

人気とバッシングが混在しはじめた万人ウケは、かなり危険。

いうなれば膨らんだ風船のよう!

0001

 

膨らまないと役目を果たさないのに、

膨らみすぎると弾けとぶ風船。

 

そうしてベッキーさんは不倫という決定打を打ち、テレビから消えた。

ローラさんは自主的かはさておき、バラエティ番組の出演は減り、あの頃の好感度は失った。

芸能界って怖い。人間の好感度って怖い。

 

そうした中、次のターゲットとして今浮上している一人が

 

男も女も憧れる存在「石原さとみ」さんだと思うんです。

 

ちなみに他にも万人人気の風船がいい感じにふくらんでいる人をあげると

 

指原莉乃さんあたりはかなり危ない。

 

マツコ・デラックスさんも、けっこうきている。

 

アナウンサーだと水トアナあたりもパンパンに膨らんだ感じがする(体型じゃないよ)。

 

と、万人受けの絶頂を極めている3名をあげました。

今回、石原さとみさんのバッシングニュースは驚きましたが、過剰に反応する外野の心理には、本人も気づいていないこーんな心が潜んでいるのです。

芸能人の旬のサイクルは早いと言われていますから、彼女たちの人気が自然に一息つくか、それとも何か大きいスキャンダルが起きて事態は急変するのか、ドキドキしながら見守りたいと思います。

 

 

芸能界って怖い。

人の人気を集める商売って、怖い怖い怖い。

 

 

怖い芸能界の分析は、こんな記事をあわせて読むのもおすすめです!

「ベッキー不倫が炎上し続けるのはスクールカースト崩壊と同じ」

慶應ミスコン中止で量産型女子の野心と悲しみを見つめる

【おでかけ】昔の雑誌から感じる「素敵な人」の変化

 

 

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。