不妊治療説明会で感じた「聞いてないヨ!」な話


こんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

GWは楽しく過ごせたでしょうか。

私は仕事したり休んだりしつつでしたが、某大手不妊専門クリニックが主催する「不妊治療説明会」に参加してきました。

2017042001

「なんで不妊治療の説明会に?」というと、

現在「女子SPA!」で「目指せ!デキたら婚」という連載を書かせていただいているからです。

妊娠や仕事、人生に迷いながら、私自身が30歳をこえて妊活を考え、スタートラインに立とうとして、そして不妊治療や妊活の実態についても調べています。

 

このコラムを通じて、「とにかく子どもが欲しい!」と、漠然と焦る女性に対して、少しでも救いになるような話ができればと思っています。

 

とはいえ、私個人はまだ本格的な不妊治療などは計画していません(そもそも結婚してないし(笑))。

ただ“不妊”という多くの女性が悩む問題に向き合うには、その実態を知らねばと思い、体外受精の説明会に参加したわけです。

 

説明会の詳細は近日中にコラムに書きますので、今日は割愛しますが、

フライングしてブログに書こうと思ったのはほかでもない。

 

「これ、なんで学校でやらないの??」

って開始3分でめっちゃ思ったからです。

 

むしろ中学、高校、大学、それぞれで1年に1回説明会してもいいくらい。

とてもいい話だったんです!(若い人は聞いてもすぐに忘れちゃうしね)




 

説明会のメインは医師による妊娠と不妊の仕組み、そして体外受精の仕組みの説明だったのですが、

妊娠と不妊の仕組みって、わりと調べている人でも、把握していないであろう話が沢山ありました。

 

先生は説明の最中、はっきり言い切ったんですよ。

「女性の加齢によるART(体外受精)治療成績の低下は著しい」

って。いやいや、知ってたけどさ。

「年齢が上がると妊娠しにくい」っていうのは知ってたけどさ。

2017042002

 

そもそも私たちはここ数年で、
「年齢が上がると妊娠しにくい」と口すっぱく言い、
耳にタコができるくらい聞いていますが、

 

その内訳は

 

卵胞・卵子の数の減少

 

卵子の質の減少(卵子の老化って奴)

 

が主な理由です。それにくわえ

 

年齢による受精率の低下

 

これら3点が(他にも理由はあるけど主にはこの3つ)。

私たちが漠然と「年齢が上がると妊娠しにくい」と口にする正体なわけです。

 

そんなの当たり前に知ってるよ!

って言える人は、どのくらいいたのでしょうか。

少なくとも、授業では習わなかった妊娠と出産の話ですし、
各種情報サイトや書籍では、ここまでシンプルに知る機会もそうないので、想像していた以上に勉強になりました。




 

「専門医療機関を頼って初めて知る妊娠の話があった」という現状に、ただただ驚きと若干の日本の教育システム面での問題を感じつつ、

やぱりこの問題は、今すぐ子どもが欲しいと思わないにしても、個々人レベルで、知識を深めておくことが大切だなと、心底感じたのでした。

<こんな記事も読まれています>

女はいつからオバさんになるのだろう

結婚相談所に行って感じた3つの敗北感

相席屋で本当にいい出会いはあるのかまとめ

 

お仕事のご相談や連絡は、

infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。

またTwitterやインスタグラムも更新中

フォローしてね!

Instagram