「デキ婚」とはちょっと違う「デキたら婚」とは何か?


みなさんこんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。

 

2016年終わりから、女子SPA!さんで「目指せ!デキたら婚」という実話エッセイを書かせていただいています。連載当初からありがたくも多くの反響をいただき、気づけば連載スタートから1年ちょっと経っていることを思い出しました。

書くたび「無責任だ!」「この人は子どもを持たない方がいい」と批判されている私ですが、改めて「デキ婚」とはちょっと違う、「デキたら婚」とはどういう意味なのか。どういう目的で始めたのかを書きたいとおもいます。




デキ婚とは違う「デキたら婚」とは?

デキたら婚とは、「デキ婚」という事故的に妊娠したから結婚を選ぶのではなく、「子ができたら籍を入れる」ことを前提に、結婚前から妊活を先行させていくことです。

カップルの中には「結婚のタイミング」を逃していたり、「結婚する意味」がイマイチピンとこない2人も多いと思います。

また現在彼氏がいないシングル女性の中にも、「結婚する意味あるの?」と悩みつつ、「でも子どもは欲しいな」と考える人もいます。

 

家長制度が崩壊し、結婚という法的手段を取る意味がなくなりつつある今、もっとも結婚する意味があることが「子育て」だと思ったのと、自分は子どもがいずれほしいけど、結婚に1回失敗し(筆者は20代で1回離婚済み)、向いていないことを痛感したため、今の彼との結婚は子ができらしようと思い立ったのです。




女の子が婚活&妊活を通して、より強く主体的に生きてほしい

結婚(というか妻としての自分)に対する失望感は、またいつか書きたいと思いますが、現在生活も一人ででき、仕事も私生活も充実し、気がかりなのは迫りくる妊娠適齢期のみ。

そんな状態で今後どうするべきか悩んでいるのは、きっと私だけではないと思い、こうして1年前から悩みと体験と学びを書き綴っています。

 

「いい年齢になったら結婚するべき」

「女は子を持つべき」

一昔前なら当たり前に言われていた“べき”は、今時代とともに変わってきています。でも

長く付き合ったカップルは結婚すべき

という“べき”には、多くの人が疑問を感じているのに、まだまだ語られていません。

「結婚制度を変えたい」というほどの壮大な野望はないものの、女性にとっては結婚から妊娠は、人生を大きく決める要素であることは間違いありません。

だからこそ、なんとなくの“べき論”に流されて、焦って決めないでほしいし、正しく悩み尽くして納得した人生を強く歩んでほしい。そんな気持ちを持って、日々自分も悩み、みなさんにも考えるキッカケを見つけてほしいと思っています。

そういう広い意味で、皆さんひとりひとりも、“デキたら婚”をぜひはじめて見てくださいね!

 




女子SPA!の連載はここから読めます

こんな記事が人気です♪

<独身不倫女子向け>

不倫のやめどきは33歳! 彼との別れに迷った時の終わりのベストタイミング5

不倫がつらくて孤独なとき、今すぐ楽になれる健全な対処法3選

不倫のはじまり〜終わりで、女はどう変化するのか?

【相談】不倫のやめかたを教えて

「妻とうまくいってない」は嘘!? 不倫男がよく言う騙しの口説き文句10選

<婚活中の男女向け>

誰が一番クソか?バスツアー婚活で出会った3人の男たち

スポーツクラブで理想の恋人には出会えない理由!

結婚相談所に行って感じた3つの敗北感