不倫のはじまり〜終わりで、女はどう変化するのか?

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

昨日のブログでは、たくさんの反響をいただきましてありがとうございます。

その中で不倫に陥るのは、不倫の情報が圧倒的に少ないからと書きましたが、じゃあ実際不倫というのはどんな風に始まってどんな風に終わっていくのか。

はじめは恋愛を普通に楽しむ女性と変わらないのに、だんだんとドロドロ心の闇を抱えていく。それはどうやって変わっていくのか。

今まで知り得た情報を踏まえつつ、ザザッと書いていきたいと思います。

IMG_3685

 

不倫の恋は そのへんの職場に落ちている?

 

〜「好きになるのに、1秒もいらない!〜

というのはベッキー出演のCMコピーですが、
不倫の恋にこんな刺激的な運命感じる出会いはほぼありません。

一番多いと言われる出会いの場は「職場」です。1秒どころか、不倫が始まるまで1年くらいかかるのはザラです。

基本不倫関係ってヒミツの共有なので、ある程度人間が信頼できないと始まらないのかもしれません。ただ、出会いの場の2位は「出会い系」というデータもあるので、こっちは完全ヤル気!元気!ベッキー!って感じですね。

とにかく、1番は身近な人間関係なわけです。
そこである程度仲良くなっている男女が、お酒とか何かのトラブルがキッカケで急接近してベッドインしちゃうのが定番ということですね。

 

恋のはじまりにいう女子の「大丈夫」は強がりではなく本音だけど……

 

思ってるよりずっと普通に、男女関係が始まる日本の不倫。

ちなみにこの1回のベッドインで「やべえ!」と気付いて軌道修正する女性も多く、主に恋愛経験豊富な女子はこの時点で身を引くか、完全な割り切り(つまりセフレ)に移行しがちです。

ただ、結構頭の働く女性や、自分に自信のある人は

「え、不倫ってこんな普通なの?これなら全然大丈夫じゃん!」

くらいに思いがち。

ここでの大丈夫は、普通の恋愛と変わらないから、狂うことはないだろうという意味です。

不倫のあまりの普通さと、自分の冷静さに過剰な自信を抱いてしまうんですね。
当然このとき、奥様とかに対する罪悪感はまだないです。

カラダから始まる恋って、そもそも女子はスタート時点でそこまで熱が高まってないことも多いので、この時点では余裕なのかもしれません。

ただ、この後だんだんとカオスになっていくとはいえ…

ラブラブ期は、とにかく普通の恋愛と変わりません!!
いや、1点異なると言えば、普通以上にエコなお付き合いが今や不倫の主流かもしれません。
一昔前、不倫は金銭的に余裕のある男性が行うものでした。ホテルのラウンジとかで逢い引きして、そのまま部屋で…的な。

でも、今や時代は大不況。

不倫だって、エコです!

 

まず基本スタイルはワリカンです。(もちろん例外ありだけど)

いや、私が聞いた話しだと、不倫相手の男が貧乏で、女が結構お金を払っている事例もポツポツありました。

不倫の代名詞であるベッキーさんも、「ヒルズ族に伝えたい。幸せになるのにお金なんて全然いらないんだよって」的なLINEを送られていたようですが、まさにこれです。

最近の不倫は普通のカップル程に質素で幸せで、オープンなんですね。

 

そしてもう1つラブラブ期の特徴として

「結婚話」が出ていること

が挙げられます。

本当奥さん側からしたら腹立たしい話しかと思いますが、

本気の恋愛=離婚して一番を入れ替え

 

という図式が不倫は成り立つため、必然的に「結婚しようね〜」的な話しが、通常の恋愛関係よりもマッハの速度で出るようです。

 

「報われない気持ちを整理して、生きていたいと思うのよ」

 

という歌詞が書かれているのは、川谷さんの代表曲「私以外私じゃないの」ですが、ラブラブ期にキレイに離婚して本命入れ替え!というのは、ほぼ99%の不倫カップルで叶いません。

それは何故かというと、不倫男性の本音を以前調査したことがあるのですが、そこで炙り出て来た不倫男の本音はコレ!

 

「彼女の事は本気で好きだ!

 

だけど、

 

 

別れ話しとか手続きとか、

 

スゲー面倒!!」

 

 

はい。報われない恋、ゲス不倫確定ですね。

 

きっと画面を前にしてうんうんうなづく男性が多数いることでしょう。

不倫男性の中で、気持ちと物理的な負荷のバランスが取れないんですね。だから離婚がスムーズに決まることはないんです。ちなみに子供がいなくたって、離婚はめっちゃ大変ですから、男性が自分から離婚ロードをゴールまで全力疾走してくれる可能性は激しく低いのです。

ああ、ドロドロしてきましたね。

 

この辺から女性が

「あれ、この人、

別れるって言ってたのに

なんか進み具合が怪しいぞ…」

 

と、心の平穏が保てなくなってきます。

女性的にはラブラブ期で彼への信頼度がMAXなので、”好き”と”むくわれない”の、相反する感情が、だんだんと心を侵食していくようです。

で、このドロドロ期に突入して女子が情緒不安定になると、男性が

「あれ、この子前ほど好きじゃないかも」

的な都合のいい考えを起こしていき、関係を解消させて家庭に戻ることも多々あるようです。ゲスー!

これでキレイに関係が終わってくれたらまだいいのですが、このあたりで奥さんは夫の不倫に気づき始め、嫌がらせなり、離婚へ向けた仕込み行動に出始めます。

そして運が悪いと修羅場になります。

ちなみに私が過去聞いた不倫がバレた女子の話だと、謎の無言電話が頻発したり、夫のスマホがなぜかなくなるとう怪事件が発生していた事案もあります。

つまり、

不倫(浮気)を疑いだした女は、

高確率で夫の携帯を盗み見ている!

 

という女性からしたら「そりゃそうだ!」と思う理論を書いておきます。

男性諸君、気をつけなはれ。

 

そうして奥さんバレしていくのですが、当の不倫関係はどうなるかというと、おもに1年半をすぎた頃をめどに、ドロドロ期に突入します。

 

「ねえ、本当に離婚するの?

ていうかする気あるの?」

 

的な超ギスギスした直球質問が飛び交います。

女は待てません!

ここでしっかり奥さんや彼女との関係を清算できれば、まだ男としての甲斐性があるってものですが、大体がズルズルとその場をやり過ごしたり、

「子供が小学校に上がるまで待ってくれ」

とか、先延ばしの術を使ってくるようです。

 

不倫経験のない女性からしたら、「何でそんなんと付き合ってるの?」と思うかもしれませんが、この頃の恋愛感情はすでに”情愛”や”執着”にカタチを変えているので、なかなかスパッと別れを女側も決めることはできません。

また、このような不安定な時期だからこそ、たまに得られる普通のカップルとしての幸せが、極上の味に感じられ、「やっぱこの人のこと、好きっ」的な気持ちを生み出します。

そうして心を病みつつも、数年単位の不倫を継続するか、奥さんバレして慰謝料請求するか…という地獄の道を辿るのです。

 

みなさんいかがでしょうか。ゾクゾクしましたか。

ちなみにこの関係、進めば進むほどバッドエンドしか待っていません。時たま離婚し略奪再婚するという、一件ハッピーエンドなカップルもいるようですが、その先に更なるハッピーが待っているかは不明のため、不倫を頑張って実らせるのは結果的に非効率なのです。(因果応報でお前も不倫されるとは、言い切れないので言及しません)

 

では最良のエンドは何かというと、

やはり女性から別れを決めて、しっかり関係を清算させるしかありません。

「イイ人が出来たら関係を切る」

とかは、大体そのイイ人が出て来ないので(というか他の男性に目がいかないので)その点は覚えておいてください。

 

さあさあ長くなってきましたが、ちなみに恋愛相談や電話占いの、ぶっちぎりで人気の相談内容は何だと思いますか?

そう、不倫です。

このように本気の不倫は多くの女性が予定通りにことを運べず悩むのです。

 

この記事を読んで、少しでも非効率な道を歩ことを留まってくれる人がいたら嬉しいです。

だけど人間って、当事者になるとやっぱり止まらないんだよね〜

 

だって、人間だもの。

 

それでも不倫がやめられない女子にはこの記事もおすすめ!

不倫がつらくて孤独なとき、今すぐ楽になれる健全な対処法3選

「目が覚める!?」不倫男がよくいう口説き文句10選」

「ダメって言ってるのに不倫が減らない理由」

 

ダメって言ってるのに不倫が減らない理由

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

今週の女性自身さんで、渦中のベッキーさんの芸能コラムを書きました。
j20160107

ベッキー不倫で好感度ダダ下がり?スキャンダル処女が不倫にハマる理由

 

人気タレントさんのスキャンダルとあって、昨晩からかなり賑わせてますね。

このコラムについても、「何でベッキーを応援してるんだよ!一番不憫なのは奥さんだろう」とお叱りをいただきましたが、それにはちゃんと理由があります。

私は、不倫は悪いことでもあると思いますが、それよりなにより、迷惑のかかることだと思っています。奥さんとか周りの人とか、もちろん本人もキズつくことです。

そして「幸を掴む」という点においても、非効率なので辞めましょうねと、散々言っています。

が、しかし、

こんなにフルボッコで世間が叩いてしまっては、ちょっと可哀想すぎませんかという気持ちがあったので、最後は応援で締めました。

私たちがボッコボコに責めなくたって、当の本人は深く反省し、これから多額の金銭や行動で謝罪していくのです。

仕事だって、我々庶民が騒がなくとも大ダメージを受けているのは必至。
不倫というのは民事的にはアウトな失敗ですが、それで「人生全体がアウト!」とこちらが追い込むのは、いささか極端すぎませんかというのが私の気持ちです。

 

と、私が言ったところでどうにかなる問題ではないので、

全国の女性の皆さん、

不倫はやめましょうね!

(結局まとめはそうなります)

 

 

しかし、疑問に思うのは、もう恋愛コラムとか多くのニュースで、

 

「アラサーは不倫しちゃダメだよ!

人生棒に振るよ!!」

 

という情報は流れまくっているのに、どうして不倫は減らないのでしょうか。

 

「そんなの女の股がユルいからだ!」

 

という主張もわかりますが、もう少ししっかり考えてみると、恐らく不倫の情報量不足が問題なのではないかと思っています。

たとえば

・不倫の恋がどうやって始まるのか?

・不倫の恋の楽しさと苦しさは何なのか?

・不倫はどうやって泥沼になっていくのか?

・不倫がもつれるとどうなるか?

恋の始まりから終わりまで、気になるトピックスをザッと上げてみましたが、どの情報も普通の恋愛ノウハウよりも、情報量はグッと少ないと思うんです。

”泥沼”と”もつれ”については、多少情報もあるかもしれません。しかし、たとえば不倫がもつれて裁判沙汰になると、いくら慰謝料が必要か…相場や慰謝料の判断基準などは、意外と知られていません。

ともすると、

不倫はダメ!

という情報はすでに世間に出回っているものの、

どう不倫に気をつけたらいいのか?

不倫を経験してしまったらどんな道が待っているのか?

という実害的な話しは、まだまだ少ないのではと思うんです。

 

ちなみに取材をしていると、不倫の大半は普通の恋とはなんら変わらない始まりをするそうです。そこで未婚女子達は、そんな不倫に遭遇し、

「え?これが不倫なの?」

と拍子抜けするんだそう。

そして不倫の恋愛も、普通の恋愛と何ら変わりなく、結構オープンにデートしている関係も多いようで、そんな未婚同士のお付き合いとあまり変わらないのに、

「これは不倫なのだ…人道を逸した行為なのだ…」

と、しっかり自ら自制心を働かせて、罪悪感を自ら感じて清算することは、なかなか難しいよね。

 

だって、人間だもの。

 

 

これが不倫が減らない理由の1つではないでしょうか。

 

最後に、不倫中の女性に言いたいのは、

見つめるべきは目の前の優しい顔をした男ではなく、幸せな自分の人生です。

どうか1回限りの人生、悔いのないよう走りぬけましょう!

 

[終わりの告知]

 

 

ノーブラ生活で手に入れたもの失ったもの

こんにちは。
雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

今週は新潟の大地の芸術祭というアートフェスに来てます。

IMG_2234

詳細はまた別にてご紹介しますが、田舎に来ると東京で使う感覚とは、別の五感が使われますね。

それがいるだけで、カサカサした心を潤してくれるという。

非日常な場所に誘ってくれたみなさんに感謝!

でも、元気出てきたからちょいちょい仕事してるけど(`•ω•′)✧︎

 

続きを読む

【恋愛】実家VS一人暮らし 結婚率に差はある?

 

最近「ねこあつめ」が流行ってるので手を出し始めました。

が、しかし…

寄ってくる猫の区別がつかない&忘れていっつも食い散らかされてます
マメじゃないからだね(笑)

IMG_1252
 金の尽きる限りおもちゃを買ってみたが、
猫の区別がつきません…orz

続きを読む

【相談】不倫のやめかたを教えて

IMG_1020

こんにちは。恋愛ジャーナリストのおおしまです。

不倫の恋は付き合い始めは楽しいけれど、気づくとゴールがどこなのか迷い、いつのタイミングで幸せになれるのか迷い。私の人生はこのままでいいのか迷う。

いろんな悩みが渦巻いて、結局「別れようかな」と1日に何度も考え、でも彼の顔を見るとやっぱり好きがぶり返して別れられなくなりますよね。

でも別れたほうがいいのはわかっているはず。

今日はそんな女子にぜひ読んでほしい、不倫をやめたくなる怖くて素敵なお話です。

 

Q不倫のやめかたを教えてください。

(34歳女性) 私は付き合って2年になる彼氏がいます。彼が既婚であることをのぞいて、性格もよくあい、とても仲良く付き合っており、時々私の友だちもふくめて遊ぶこともあります。

でも別れるとは彼も言いつつも進展はないし、追求するといつも上手く言いくるめられてるきがします。

年も年だし、この先の人生を考えたら、好きだけど別れなくちゃと思う気持ちが強くなってきました。不倫をやめるポイントがあれば、教えてください。

 




続きを読む