ブログ

女子の友情はラーメンの油のようだ

ママとラーメンを食べた。
途中でおなかがいっぱいになって、
ぷかぷか浮いてる油をつなげて遊んでいたんだ。
そしたらママが「水と油は最初からまざらないけど、
油もほっとけば勝手に混ざるってワケでもないのよね」ってつぶやいた。
そういえばママの携帯は最近ぜんぜん鳴らないな。

女子の友情はラーメンの油のようだと思うのです。

ラーメンの油ってよく見ると細かいツブになっていて、

ハシなどで境目を刺激してやると、細かい油のツブはくっついて大きなツブになる。

お行儀の悪い話だけど、大きなツブにする遊びにハマった人も多いはず。

 

これって女子の友情に似ていると思いませんか?

始めは小さなツブだった私たちは、コミュニケーションというハシを使ってその輪を広げる。

綺麗にまとめてみましたが、ナゼ女子に限るかって?!そ・れ・は・・・・

広がった輪のモロさを考えてみよう。

くっついてデカくなったラーメンの油も、イケ麺やチャーシューがドボンとダイブしたら、

その瞬間またバラバラになるでしょ?

そう、そのバラバラになる姿はまるで

表面的につながる私たち、女子の友情のようではないですか!

ラーメンの中は戦場なんです!!!

女同士のつながりという戦場であり、具という外敵にどう乱されずに食べきるかという戦場。

外敵に身を守るには、油は固まるしかない・・・って考えたあなた。

まさに、それ、ドロドロな関係かもしれないよ!油だけにね!

 

 

 

 

 

Share on facebook
Share on twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加