熟年カップルの結婚で大事なことは愛を枯らさないこと?

こんにちは。 雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。 アフター5というできたてほやほやのメディアで、コラムを書かせていただきました。 熟年カップルがファミレスでラブラブGO…次のデートはまさかの◯◯?! img_6135 ということで、日々マジで人間観察している私が、 いろんな所で出会ったちょっとおかしいけど面白い人たちを 無断でレポートしています。   「あ、俺のことだ!」 と思った方は連絡ください(笑)。   最初はファミレスで逢瀬をくりかえす 熟年カップルについて書きました。   多分2回くらい、このファミレスで見かけている二人です。   本編では二人のアツアツっぷりしか書けなかったのですが、 この二人の会話には続きがあって、 聞いていてすごく勉強になりました。   それは

熟年からの結婚生活について

  40〜50代と思わしき男女カップル。 当然(?)結婚を考えているようで、 将来どんな暮らしがいい?なんて話を延々しているわけです。   (ヲイヲイ!熱いぞ!やっぱり白亜の御殿に住みたいとか言い出すのか?) なんてウキウキ下世話な気持ちを満開にして聞いておりましたら、 意外なトーク内容ではないですか。   男「やっぱり、お互い生活リズムがもうあるわけだから、結婚は別居婚がいいと思うんだ」 女「でも、それじゃあ結婚している意味があるんでしょうか?」 男「ありますよ!別居といっても、私会いにきますから。〇〇子さんの生活リズムを結婚することで壊して、お互い嫌いになりたくないんです」 女「そうですね。確かにそれはありますね……」   みなさんこの会話、 そしてこの男性の価値観、 どう思いますか?   私としては、お金が許すならおおいに結構! とも思いますし、   年齢的な問題を考えると、もう同棲でいいじゃん! とも思うわけです。   私個人的には「結婚」に夢も希望も願望もないものの(1回失敗しちゃったので) 子供ができたら籍は入れて、夫婦で育て上げる努力をした方がいいと思っているタイプです。 だからこのカップルが考えるコトは、いいとも思うし、 でも一緒に住まないとパートナーシップとしての醍醐味が失われるのでは? と思いました。   とはいえ、熟年カップルというのは こんな30代のヒヨッコとはまた、 別の価値観で生きているのでしょう。   もうこの先の人生、 本気で好きになる人が現れない可能性がある。   そう思ったら、今この目の前の人を愛し、 そして愛が途切れないよう全力で萎える目を阻止する。   そんなことを思うのかもしれません。   熟年の恋愛って、介護問題が現実味を帯びる少し前が 実はすごく1番ピュアなのかもしれませんね。 素敵です。   10月7日(金) 恋愛ナイトイベントを開催します   【申し込みはこちら】   場所:高円寺パンディット   開場時間 19:00 開演時間 19:30〜21:30 ☆前売り料金 2000円(ワンドリンク付き) ☆当日料金 2500円(ワンドリンク付き)   【出演】 ☆雑食系恋愛ジャーナリストおおしまりえ https://oshimarie.com ☆恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表 http://momoyama-shoji.com   【申し込みはこちら】   みなさんぜひ会場でお会いしましょう!   お仕事のご相談や連絡は、 infoあっとoshimarie.comまでご連絡ください。 またTwitterやインスタグラムも更新中 フォローしてね! Instagram

「何でもやります」「仕事募集中です」を挨拶がわりに使う無責任さ

事こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

私なんかが仕事論とか、まだまだおこがましいんですが、でもこれ、自分もやっている気がしたし、これからは気をつけたいし、

特に新社会人の方はやりがちな話でもあると思うので、マジメに書いておこうと思います。

IMG_4124

こんな場所で、おばちゃんおねえさんがぐちぐち話していると、ご想像ください(笑)

 

よくフリーランスの方で見かけるんですが「お仕事大募集中です」って、頻繁にアピールしている方、みかけませんか?

私の周りにもいます。私もそうしていた時期もあったと思う。

 

「お仕事くださあい!」って大声で言うのは素晴らしいことなのですが、

いざ「この仕事は自分じゃ出来ないし、あの人お仕事募集中っていってたし、これなら出来そうだし、お願いしようかな」

ってこちらが判断して、連絡するじゃないですか?

 

ここで不当な報酬額だったり、内容だったら断っていいと思うんです。

でも、調べれば出来るレベルの仕事なのに、

仕事募集中って言っていたのに、

時間にも余裕ありそうなのに(ココ勝手な判断だけど)、

金額も法外におかしなものじゃないのに

 

「すいません、今回は辞退しまーす」

 

って、二言目にサラリと言えちゃうの、なんなの?

 

怒っているんじゃなくて、びっくりしてるんです。だって、大募集中ですって言ってたじゃないですか。

その大募集中って、

(自分がやりたい●●ってジャンルや、××な仕事なら)仕事大募集中でーす!ってこと?

それなら先に、こういう仕事だけ大募集中って、書いとけっっっ!
(そういう問題でもないけど)

 

そして、もし金額とか仕事内容に不満や不安があって断ったのなら、

「○○が改善されるなら、やりたい(できそう)なんで、話聞かして」

とか、言ったらいいと思うんです。

譲歩とか交渉とかをすっ飛ばして、来た話をそのまま受け取ってそのままYESかNOか判断するのって、凄く本人にとっても、もったいないと思うんです。

 

この話、フリーランスあるあるとして思い出しましたが、新社会人でも同じような事をする人は多いと思う。

 

「センパイ、自分なんでも手伝うんで、言ってください!」

って言ってくれていたから、いざ何か頼もうとすると、

「すいません。今手があいてなくて…」

 

って、状況説明もせず速攻NOって言ってくる人。

 

もったいない!凄く!

 

 

まずその、

振ろうとしたセンパイの中で株が下がる

(いきなりそこか!そこだよ!人に嫌われるの、いやだよw)

 

そして、譲歩と交渉を身につける機会を逃す。

 

結果、スキルポイントがつかない!

 

うーん、昔の自分を思い出すようで、書いていて胃がじゅんとします。だって私もやったことがありますもん。

それをある先輩に指摘されて、気をつけるようにしたんです。反省。

 

ということで、仕事募集中って言うのは素晴らしいけど、使うからには責任を持って使った方がいいと思うし、言うからには「何でもこい!」の姿勢を崩してはいけないですね。

頑張ろう。

 

 

ということで、

私最近、

 

酒のツマミと、朝ごはんに

凝っているので、

 

独女グルメなお仕事あったら

大募集中でえええす!

 

 

ああ、節操ないってこういう人を言うんだわ

 

[終わりの告知]

15,000円のスマホカバーを衝動買いした話

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

やっっちゃいました!

衝動買い!

 

きもちいいいいっっっ

 

15,000円のスマホカバー買っちゃいました。

高っっっ!って思いますよね。

私も思いました。

けど買っちゃいました(笑)

 

だって探していた条件とドンピシャなカバーだったんですよ。

探していたのは、

本革で

フタ無しタイプで

suicaがしまえるiPhone6のカバー

予算は3,000円くらい

 

5倍も予算オーバーしとるやんけ!!

 

それ以外の条件はドンピシャだったんです。

だから買っちゃった(笑)。

 

 

ただ、「あっこれは!!!」とお店で見つけて、値札見て絶句して、そこから購入までが長かった。

衝動買いとはいえ即決できないチキンな私の、ダラダラと長い葛藤が始まるわけです。

 

「あ、探してた条件とピッタリノカバー」

 

「うえ!!15,000円!?たっかー…」

 

「うーん、見た目と機能は完璧なのに値段が……」

 

(ていうかこの前、寝かせ玄米24食セット(7000円くらい)買ったばっかりだし…ていうか健康食品にはサクッとお金を使えるのに、どうして自分の分身ともいえるスマホカバーに15,000円は出せないんだろう。)

IMG_4332

もちもちして美味しいです。
4日寝かせることで、アミノ酸が倍増しているそうですよ。

 

IMG_4328

本も買った。

コピーがたまらない。

好きなものを食べても呑んでも
一生太らず健康でいられる

 

そんな事言われたら、買うしかないでしょ!寝かせ玄米。

でも糖質制限していた身なので、急に方向転換するのは怖くって、まだお昼にしか食べられてません。変化に乞うご期待。

 

 

「あ、ここスマホ専門店だから、他の商品で同じようなのあるかも…」

 

 

店内のスマホカバー(多分数百点)を全部確認後するも、

ない!

 

 

「うえーやっぱり条件通りなの、これしかない…」

 「あ、でも、もしかしたらネットで安く買えるかも!」

 

 

Amazon金額17,000円。

 

 

「むしろ値上がりしてる!」

 

 

「うーんうーうーん…」

 

(待てよ私。そもそもスマホって、キレイにしていると運気が上がるっていうじゃない。それなのに汚くしたまま使い続けているのって、ナンセンスじゃない?)

 

(待てよ私。大尊敬する麻雀の桜井章一先生が「違和感をそのままにしないことが、運気の流れを掴むコツ」的な事を言っていたよ。この違和感(一目惚れ)はそのままにしてはいけないのではないか)

桜井章一先生の本は沢山読んでます。どれもいい本ばっかり。ちなみに違和感っていうのは、「一日一善」という意味に近いけどそうじゃなくて、

単純に「あ、なんか今日は体調悪いかも」という事から「あ、この本買っといた方がいいかも」みたいな日常に山ほどある「あっ、」をちゃんと拾い上げることです。

 

こうして完全なるいいわけモード発動 

 

(そういえば、ある人は、持ち物がその人の価値を押し上げるから、小さい物から分不相応な物を持ちなさいって言っていたなー)

 

(そういえば、 占い師の友人は、スマホは自分の分身だから、浄化も必要だし、ちゃんとキレイにしておくことが運気アップだって言ってたなー…)

 

 

「あーでも15,000円も使ったら、原稿何文字分なんだろう…」

と、ついに原稿換算しはじめるわたし。

 

「あ、ヤバイ!そういえば、今日締め切りの原稿を早く送らなくちゃ。あーもーでもどうしようこれ…」

 

 

…………

 

「スイマセン,コレください」

「あ、領収書もください!」

 

必要経費ってことで、無事衝動買い完了。

 

って、入店から1時間近くたってるから、衝動買いとはいえないかも?

そしてこれがその15,000円のカバーでーい!

 

 

IMG_4325

でーん!

別になんの変哲もないシンプルなカバーですよ。だから買うまでに迷うんだよ。

 

そしてこのカバーの写真を装着した写真がこ・・・・・

 

……

…………

 

 

そうなんです。購入から1週間は経とうとする今。

ご覧の通り。

IMG_4340

まだ未開封なんです(笑)

 

あんなにはしゃいで騒いで、迷って、1時間も時間使って買ったのに(しかもその後、強化シートもお買い上げしたのに(1,000円弱)

 

面倒くさくて、まだつけてない。

 

というか、

「15,000円のカバーつけたら、傷つかないように気を使うだろうなー。ていうか、今週末神社行くから、ついでにいい空気でも吸わせてからつけようかなー」

 

とかとか、おかしな事をぬかしながら、結局買った事への満足感と、使い始めたときのプレッシャーに負けて使えてないんです。

これが私の身分なんです。くそー。

でも書いたからには、このカバー、今から取り替えますよ。

明日以降会う人は、もれなく自慢されますからご注意くださいね!

 

と、ふーふー鼻息を荒くしていたら、友達から連絡が…

 

「おおしまさ〜ん、このたび本を出すことになったから、ぜひ読んでみてね☆」

 

タイトル、

「お金を整える」

 

お金を整えるだと…

 

「違和感をそのままにしないことが、運気の流れを掴むコツ

 

ああ、桜井先生、そういうことですね。

私、お金を整える!

みんなも一緒に、整えよう><

 

[終わりの告知]

ファミレス事件簿!恋愛の本質はいくつになっても変わらない

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

突然なんですが、食に関していえば、私はとてもお金のかからない女です。

たとえばファミレスが本当に大好き。オシャレカフェよりも数倍好きで、両方あったら、問答無用でファミレスに入ります。

IMG_4260

とくに好きなのはバーミヤンなんですが、あまり店鋪がないので

あったら「あ!ある!入りたいっ」ってなります(笑)

IMG_4261

このおつまみみたいのが、2品で500円だし、糖質制限的にもいいし、中国茶がガブガブ飲めるのも、いい。

お酒も早い時間ならめちゃくちゃ安いし、もっと増えて欲しいよう。

 

 

そんな大好きなファミレスですが、ホントに色んな人がいて面白いですよね。

私の近所のファミレスでは、習い事帰りのママ友集団とか、近くにライブハウスがあるから、ライブ明けのメンバーとかファンとか、私と同じような職種の人とか、結構お客さんのタイプがバラバラです。

そんな中でも、熟年カップルや夫婦が隣に座ると、ついつい聞き耳を立てずにはいられず、そして考えてしまうのです。

 

カップル1:70代のご夫婦

おじいちゃんがファミレスの常連さんで、よくお店で会います。

このおじいちゃんがかなりのワガママボーイで、おばあちゃんが心配性で優しい人なんですよ。で、そのやり取りが本当に面白くてステキで、色々考えさせられます。

たとえばある日の事。

おじいちゃんがファミレスで一人時間をエンジョイ中

→おばあちゃん心配になってお店にくる
※何が心配なのかは不明。多分一人にしておくのが心配

→おじいちゃんは心配性なおばあちゃんがウザいらしく激怒!

→おばあちゃんおろおろ!あせあせ!

→おろおろしながらも、一緒に帰ろうと説得

→おじいちゃん一層激怒!

→おばあちゃん、仕方ないから1回店から出るふりして、また戻ってくる。

→おじいちゃん怒り収まらず激怒!

→おばあちゃんまたおろおろ!

→仕方ないから、また1回店から出るふりして、戻ってくる。

これが5回くらいエンドレスループされる。

→おじいちゃん根負けして最後は一緒に退店。

このやり取り、3回くらい見かけた事あります(笑)そのくらい、頻繁に起きているご夫婦の喧嘩。でもふと思ったんです。

カップルごとのコントって、

老夫婦になってもあるものなんだー

 

よくカップルごとに、定番の喧嘩パターンってあるじゃないですか。

外野から見ると「大丈夫?」って心配になるけど、当事者からすると「あーいつもの奴だから」って言えちゃうアレです。

それが老夫婦になってもあるんだなって思うと、もう恋愛の本質とかカップルの本質って、いくつになっても変わらないんだなーと悟りの境地に届きそうになります。

 

 

カップル2:推定50代カップル

とにかく上品な男女で、最初不倫かなーと勝手に妄想していたのですが、話を聞いていると普通の未婚熟年カップルのようです。

会話は他愛もない日常会話なんですが、だんだんと

「(付き合う前に)やり取りしたメールの中で、本当は(マイナスの意味で)気になっていた内容ってある?」

「いつ頃からこういう関係を意識していた?」

みたいな質問が飛び出すんです。

私、横で内心

「あひゃーーーーーっっ(照)」

って(笑)。

と同時に、いいなー!ステキだなー!楽しそうだなー!とか思っちゃう自分がいます。

でしかも、そこで男性が馬鹿正直に答えて、女性が少しだけムッとしたりして…本当に恋愛しているって感じがひしひしと伝わってきます。

そんな名前も知らない2組のカップルの話なんですが、そういう世代の違うカップルを見ていて思うんですが、

 

「大人の恋愛」ってよく言うけれど

恋愛の本質って、所詮変わらない

 

としみじみ思うんです。

たとえば男性って、外では大人なふりをするけど、恋人の前だと小学生みたいになるじゃないですか。

そういう事は30代の恋愛でも、50代の恋愛でも70代の恋愛でも起きるんだなって。(まあ70代の場合は恋愛というより夫婦愛ですが)

そう思うと、「頼れる男」とか「引っ張ってくれる男」ってよく女性の好みに上がりますが、あんまり信用ならない項目なんじゃと思い始めます。

 

外では引っ張ってくれても、家の中で小学生じゃ、あんまり意味ないですし。

 

それよりも、定番の喧嘩とかテンポを、早く自然に見つけられる相手が、長く関係を続けられる人なのかもしれないなーと思ったりします。

好きになっている間にそういう関係性が築けるか。ということなんじゃないでしょうか。

でも、1つ気になることが…

 

その50代カップル。テーブルの上でずーっと手を握り合ってるんです。

 

もちろん恋人繋ぎ!

 

いや、いいの。凄い仲良しなのはウラヤマシイから。

でも、やっぱり、

 

せめてテーブルの下でやって!

 

 

恋はいくつになっても盲目なのですね

 

 

[終わりの告知]