ブログ

【anan】曖昧な関係は終わり! 不倫や遊びの恋を断ち切る「簡単な方法」

曖昧な関係は終わり! 不倫や遊びの恋を断ち切る「簡単な方法」

 

なぜ、私たちは不倫を続けてしまうのか?

不倫をしているときって、罪悪感やこの先の不安感から、

「これは本気の恋だ」

「これはつなぎの恋愛」

と、関係にのめり込んでいる自分を否定しがちです。

その心理を深堀りしていくと、不倫する女性側には別の問題があります。

それは、パートナーシップに対する「親密感への怖れ」が隠れていることが少なくないという問題です。

 

親密感の怖れとは、

相手と自分が心も体も全部受け止め合うような、一心同体の関係に近づくこと無意識に怖がるということ。

不倫という踏み込まない(踏み込めない)関係を選ぶことは、そもそも”深い関係”を、避けられるメリットがあります。

物質面での深い関係と言えば、

この先の将来における関係を考える必要がないとか。

金銭的な中長期の計画を立てる必要がないとか。

子どもや将来設計などを一緒に考える必要がないとか。

 

不倫はこういう現実的に今より進んだ関係を考えなくてもいい。

「相手の人生を背負う義務がない=親密になる必要がない」関係と言えるわけです。

 

不倫をやめられない女性は、表面的には「この恋愛は本気だ!」と考えていても、

無意識では

「いつか関係は壊れるかもしれない」

「近づきすぎると嫌われるかもしれない」

といった思い込みを抱えているかもしれません。

 

人は表面的な気持ちより、無意識の思いを叶えていきますから、いつまでも不倫やセフレといった、責任感の伴わない関係に甘んじてしまうのです。

今回の記事では、そんな不倫関係を清算したいと思ったとき、どういう気持の整理をつけていけばいいか、具体的な取り組みをまとめました。

1つ言えるのは、「不倫は別れたいと思ったが吉日」です。

つまり、「次の恋が見つかったらやめよう」といった都合のよい判断は、人生のスピードを遅らせるだけなのです。

Share on facebook
Share on twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加