母に仕事を打ち明けてみたのですが…

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。
今週は土日を使って実家に帰省しています。
(といっても自宅から1時間の距離ですが)

最近実家の氏神様を30年間も間違えていたということが発覚したため、母と正しい氏神様にお参りをしてきました。

 

 

IMG_3867

 

今年も家族が健康でありますように!仕事も頑張れますように。

 

近いということもあり、年に1回くらいしか帰らない私。今回帰省したのはミッションがあったのです。それはズバリ

「自分の仕事を親に話す!」

という、「え!?今さら!?話してないの?」な話しです。

そうなんです。「娘はフリーライターをやっていて、ネットとか週刊誌に記事や恋愛コラムを書いて生活をしている」くらいしか伝えておらず、プロフィールも、親はほとんど知らない(笑)

18歳から水商売

元プロ雀士

接客人数のべ1万人くらい…

とか、

もう全っ然親は知らないんですよ(笑)

 

でも最近ありがたくも顔やイラストが公になる機会も増えている関係で、いい加減言っておかないと感じの悪い伝わり方をする可能性もあるかも…と思い、改めて報告することにしました。

 

そこで年末に、女性自身さんの誌面でやらせていただいたweb連載の総括記事を持参。

IMG_3409

 

やさしい編集者さんの計らいで二冊ご献本いただいたため、1冊親にプレゼントしながら自分の仕事やプロフィールを改めて説明することにしました。

 

「お母さん、これ…」

(週刊誌をおずおずと差し出す)

「あら、何コレ?(パラパラ)週刊誌ってたまに読むと面白いわねえ」

(と、認知症特集のページを読みふける)

「ちがうちがう!ここだよ!ここ!」

自分の写真とイラストが入ったページを開いて読んでもらう。

 

「わあ!何コレ!?アンタじゃない!」

「そうそう(笑)」

「イラストもあるー!!」

「ていうかこの写真より、今は痩せてるんじゃない?」

意外と冷静にはしゃいで、記事を読む母。

 

「…へ〜misonoって最近みないわねえ」

(だよね。お母さんは見ないよね)

「あ〜広瀬すずってお母さんもあんまり好きじゃないわ…」

(そうなんだ…)

「って、お母さん普通に記事読みすぎ!!!」

 

「あのね、お母さん、

この記事も読んでほしいんだけど、

ちょっとプロフィールを見てよ!」

「え?プロフィール………」

 

ドキドキ

 

 

「へー…あれ、実家にいた頃から水商売やってたの?」

「う…うん」
※おおしまは18歳から1年間は地元のキャバレーに勤めていました。その後家を出て、池袋、新宿と活動場所を都内に移しました。麻雀にハマったのはその後。

 

ドキドキ

どきどき

ドキドキ

 

 

「あそう。色々あったんだね」

母、心なしか楽しそう。興味津々らしい。

そして私は改めて水商売のことや麻雀の話しなどを時系列で説明しました。

 

 

「へー!!そうなんだーどこで?全然気付かなかった☆」

 

 

 

…リアクション、以上終了!

 

 

 

「え、それだけ!?」

私、おもわず大きく突っ込みましたよ。だって、今まで親に言えなかった話しとか、勇気を出して話したら「色々あったんだね」で終了っすよ(笑)

 

「だってーもう昔の話しだし。イラスト面白いじゃん!」

 

母は強し。

 

「ところこの認知症のページ、

もう1回読むから付箋貼っといて」

 

「あ、うん。わかった…」

 

ということで、とても緊張したお仕事披露は、あっけなく受け止められてしまいました。むしろ認知症に興味津々(笑)

もう過去の話しだからなのか、私が自由にやるタイプってわかってのことなのか、とくに根掘り葉掘り聞かれることも引かれることもなく、むしろ歓迎モード。

 

父は仕事のため話せなかったのですが、後日ページ見せておくよとのこと。

その方がいいかもしれません。こちらも引き続きドキドキ。

 

なんだか拍子抜け。

 

でも、親って子供が思っている以上に肝が据わっているというか、器の大きい存在なのだなーと、思わされました。(すでに親の立場の人からしたら、当然って話しかもしれません)

説明をしながらネットのコラムもいくつか読んでもらったのですが、とにかく「イラストつきなのがいいね〜」と嬉しそう。

予備校時代も美大時代も、私の絵を1回もちゃんと見なかった母が喜んで見ているのが、なんだか不思議で、改めて絵が描けてよかった。

 

 

ところで、母は記事を読みながらおかしなことを言うわけです。

 

「そっか、アンタは絵が描けるのかー」

 

(!?)

 

「…お母さん、私、大学一応日芸だよ」

 

「あ、ああ、そうだった!そうだった!」

 

え、そのリアクション…

この母、娘のこと忘れすぎやー!

 

みなさんも、ぜひ後ろめたいことは早めに話しておきましょう(笑)

 

二冊ご献本いただいたMさん、本当にいつもありがとうございます。おかげで楽しい里帰りとなりました!

 

[終わりの告知]

 

ホテル代は、どっちが払ってもいいんだよ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

30歳にして、最近チェーン店居酒屋の魅力にハマっています(笑)

もちろん初デートとかの場所としては若干不適切ですが、

女子会とか数回目のデートなら、バリっと気を張らない場所でガンガン飲んで「え!?こんな安いの??」って感動して帰るのもけっこう悪くないなーと。

IMG_3755

好きです磯丸!

 

IMG_1922

色気ゼロ点の料理でも、向き合う人と楽しい会話ができれば、オールオッケーって思える自分は安い女なのでしょうか…

チェーン店居酒屋ばかり行くと、もれなくオシャ外食スキルが下がるのが悩みどころ。

 

 

さて。今日はデリケートなお金とセックスの話題について考えてみたいと思います。

よく恋愛している中で、

「ホテル代はどちらがどう持つべきか」

という問題に直面することがあると思います。

女性向けのサイトでもたびたび話題になっているため、私も意見を求められることがあります。

そしてその回答内容は様々で、

ある人は
「自分で選択権を持つためワリカン!」

またある人は
「食事は割っても、ホテル代は出して」

はたまた
「食事もホテルも全額払って欲しい!」

と、意外と意見が割れる。どの意見も価値観の問題なので否定するつもりはありません。そっかーと思いながらも、ちょっとだけ悩ましい気持ちが残るんです。

というのも、私も恋愛ジャーナリストとしての模範解答は持っているものの、

 

「相手との距離感によってそこは柔軟に」という気持ちが1番なんですね。

 

その前提を語らずして「ホテル代は●●すべき!」と言い切ってしまうと、

読んだ女性が「うんうん女が払うと安く見られるもんね」と、自分の価値観をしっかりわからずに、無意識に回答を受け取ってしまうのがとても怖いんです。

 

 

ある人は

「ごはん代もホテル代もワリカンして、

その金額が風俗1回分より安いと、

自分って風俗嬢以下じゃんと思う」

そう言っていました。

なるほどーと関心しちゃいました。

ただ、後から思ったんです。

 

そこ、比較対象は

風俗嬢でいいんすか?

 

と。

比べられるなら

過去最高の元カノと

比べられたい。

そして勝ちたい!

 

って私は思うんです(強欲ですかね)

 

もちろん初手合わせの時は、気合いの現れとしてホテル代は全額出して欲しいかも…と、私も思ったりします。

ただ、お付き合いして気持ちがそれなりに分かり合ってきたカップルなら、もう半分でもどっちが出してもいいんじゃないでしょうか。

というか

そういうフェーズに入ってほしい!

 

ホテル代を出してくれることは私という女に価値を感じている証。という主張もよくわかります。

だけど

駆け引きを抜きにして、

ワリカンでも痛まない関係ということは、

それだけ心を許し合えている証

だと思うんですね。

 

ちなみに私は過去、なんとなくずる賢い男性とお付き合いしたときは、ずーっとホテル代に限らず、支払いの際、彼がどう払うかに敏感でした。

ホテル代は向こうが払っていましたが、ぼーっとしていると損得勘定で自分を換算されそうで気が抜けない…。独特の緊張感があったかもしれませんた。

 

はたまたある男性と付き合った際は、そういう損得感情のない関係だってことが感覚的にあったので、どちらかが出すかは臨機応変で自由。

「大きいのしかないから、私が払うよ!」

って、なんの勘ぐりもせずに話せることが、とてつもなく心地よくて楽だった記憶があります。

手前味噌な事例になってしまいましたが、

自分の価値を、ちくいち計る関係ではなく

心がふわっと楽になる恋愛ができるように、

もっと恋愛コラムを読んでもいいよね。

 

ということが言いたいのです。

もちろんお互い努力は怠るべからずとは思いますが、

 

努力は支払い能力ではなく、関心とか気遣いで計ってほしい。

そこで全く魅力が感じなかったら堂々と言っていいと思います。

 

「今日は全額、奢れやボケ♡」

 

[終わりの告知]

【本】とにかくもんげーマンガ!わたしはあの子と絶対ちがうの

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

私の出身大学は日本大学芸術学部です。

そう、サブカルやこじらせの聖地として憧れられる(のか?)あの大学です。

そんな日芸出身者。そしてサブカル大好きな人、そしてネットのアピール合戦に疲弊したことがある人はぜったい面白いと思えるマンガ!

 

IMG_3854

なんか満面の笑みから狂気を感じる…

アラサーになってから、サブカル系男子と付き合いはじめた主人公のアラ子ちゃん。お付き合いをきっかけにサブカル系の世界にどっぷりハマり、TwitterやFacebookのアピール合戦に参戦する主人公のアラ子ちゃんの、暴走と狂気と楽しく弾ける話しです。

女の自己顕示欲をまるっと出した書き方が本当にキます。

 

主な活動場所がネットの自分としては、一気に読めて

「あ〜わかる!わかるわかる(泣笑)」という感じ。

 

このマンガの中で

「みんなより優位にたちたい!」

「もっと凄いって思われたい」

みたいな自己顕示欲と黒い感情は、渋谷直角さんのボサノヴァ女子本とも似ていて、ぜひ一緒に読みたい作品です。

ボサノヴァ女子について書いたレビューはコチラ

 

こうしてネットを見ていると、男女限らず目的のない「ワタシを見て〜」な人って、どうしてこんなに多いんでしょう

実は今、心理学本の編集をしているのですが(2月発売だよ☆)その中で自己中心的とかナルシストとか、引っ込み思案とか、色んな性格について心理学的な心の動きなどをカンタンに解説した部分があります。

1つ1つの性格を心理学的な背景を読んでいくと、

結局性格的に何かゆがみを生む要因は

自己評価の低さ

自尊感情のなさ

 

この2つに集約されているんじない?

って思ったりもします。

たとえば自己評価が低いから周りに認めてほしいと思い、見栄を張る。自意識過剰になる。自分を信じられないから嫉妬深くなる、八方美人になる、過剰に落ち込んだりこじらせる…こうして性格のちょっとしたゆがみが生まれるという流れ。

どうでしょう。誰だってそうなる時はあります。だけど

「みんなと意見の違う私は変なのか」

「今日は仕事頑張った!最近めっちゃ忙しい!」

とか、書きたくなるときもあるけれど、自分の日記に書いて、明日の自分がほめてあげられればいいじゃない。と思ったりもする。過剰に気にすると何も書けなくなってしまうのですが…

ただそういう「わたしを見て!」な欲求って、本人は隠しながら書いているつもりでも、不思議と周りにはバッチリ伝わっているものなんですよね。

ただ優しいから友達も

「そういうのも個性なんじゃない?」

「頑張ってるね!すごい!」

って、本人の言葉を生かした回答をしてくれるのではないでしょうか。それも優しい友情ですが、それなら個人的には、

「変なのかアピールするアンタはダサい!」

「忙しいアピールする前に仕事しろ!」

と突っ込んでくれる本音の友達が欲しいです。

 

ネットってもう便利すぎてサイコー!って日常思うのですが、見直すと、人間の汚い感情も表に出させた残酷なツールですよね。

とにかくマンガは面白かったです!

 

[終わりの告知]

23歳の妹がスピード婚しそうになって、とっさに反対した女の闇

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

これから書く話は、許可を取っていない勝手な独り言なので、フィクションだと思ってください(笑)

突然ですがある三姉妹の話しです。語り手は自由すぎる真ん中ッ子(30歳)。

彼女の妹は7歳年下で昨年から働き始めた、バリバリの新卒23歳。

昨年のスペイン旅行は二人で行ったくらい仲はそれなりに良いのですが、7歳も違うとケンカというよりも、ねえちゃんの一方的なお説教になることが多いのが悩みもの。

IMG_0802

スペインではひたすら生ハムを食べて飲んだなー今年も海外行きたい…

 

我の強い真ん中子と甘えん坊な末娘だから、しょっちゅう泣かせていた記憶があります。

というか、今も面倒な説教をして泣かせたり逆ギレさせたりするかも…

面倒なおねえちゃんですね。

 

そんな妹に少し前、新しい彼氏(同じ23歳)が出来たらしいんです。母の話しを聞いていると、なんでもまだ付き合って間もないのに、妹の自宅(つまり私の実家)に遊びに行きたがったりするらしい……というか彼氏側が「早く結婚したい!」って思っているらしい。という情報を母から耳にしました。

 

そこで妹が結婚したがっているかは別として、つい反射的に、

 

「え?無理でしょ!

今結婚したら

絶対失敗するって!!」

 

と、頭ごなしに否定したんですね。その理由というのは

【妹側に考えられる理由】

・23年間実家を出た事がなく、家事スキルがゼロ

・実家暮らしなのに貯金がゼロ!
※数万家に入れたらあとはお小遣いとして使い切る

・というか、自活力がない!
※予定を忘れてすっぽかしたり、料金を払い忘れたりする

・仕事始めて1年目でまだ何もわかってない

・3ヶ月くらい付き合っただけで結婚とか無理

総合すると、精神年齢も色んなスキルも高校生レベル(おねえちゃん評価)

 

【彼氏側の理由】

・彼氏もずーっと実家暮らしで家事スキルがゼロ 

・そもそも社会人1年目で結婚願望の強い男は、ただの寂しがりやで”家族”に理想と憧れを抱いているだけ

総合すると、ただ恋愛で暴走してるだけ。

 

という感じです。

 

どれも個人的には真っ当な意見だと鼻息を荒くしていたわけです。

 

が、しかし、そんな真っ当な意見を母にぶつけて「だよね〜無理無理」と小姑モードを発動させて数日。モヤモヤしはじめたおねえちゃん。

というのも、

「こうしてまっとうな年齢を待つから、

婚期を逃すのか…」

と思い始めたんですね。

 

そして自分や周りが判断するかは別として

「まだ仕事のイロハがわかってないから」

「まだ彼に(私に)貯金がないから」

「あんたはまだ未熟だから」

とか、結婚のタイミングに”まだ・から”な理由をあげてたらキリがないじゃないですか。

 

そういう正しそうな意見で相手の行動を妨げるのは、まさに優しさという皮をかぶった女の闇だなと…

 

 

そして、さらに思ったんです。

 

 

ダメなら離婚すれば

 

よくね?

 

 

と(笑)

 

きっと付き合って3ヶ月。今の自活力で即結婚したら、間違いなく最初は大変苦労するでしょう。むしろ生活が成り立たなくて離婚する可能性大!とは思うものの、23歳で結婚して離婚しても、多分社会的なダメージってそんなにないんですよね。

むしろ変な結婚願望を高めてセカンド処女(彼氏が何年もできなくて、何年もセックスしていない女性の総称)になるよりも、早い年齢で結婚で失敗するというのは、挫折を知れて、血肉として残る学びができる。

 

もちろん離婚を推奨するつもりはないのですが、

大きいチャレンジは早いうちにしておけ!というのがビジネス上では定説ですが、これ、恋愛でも同じかもしれません。

恋愛の失敗をざっと考えてみると

・ダメ男に引っかかる

・不倫に走る

・ハジけてヤリマン化

・結婚して離婚する

 

くらいでしょうか。ざっと考えてみましたが、全部リカバリー可能な話です(離婚は子供がいるかで違いますが)

であれば、

穴に落ちるのは早い方がいい!

傷の直りも早いから!

 

ということで、数日たって考えを改めたわけです。

「さっさと結婚して自活してみろ!」

(上から目線なのは姉の小さいプライド)

 

真っ当そうな意見で行動を妨げるのは、

相手の人生の幸せを考えているのではなく

世間体という重しの押し付けなのだな。

と痛感したのでした。

 

「ああ、でもやっぱり、私をさし置いて先にいかないで」

とか思ってたりする自分もいたりして…バツイチが何言ってるんでしょうねホント。

でもカワイイ妹には旅をさせよということで、応援したいと思うのでした。

 

 

ちなみに今結婚を考えている人は、絶対結婚前にこの本を読んだ方がいい。(結婚中で旦那さんとの性格の不一致で悩んでいる人も読んでも気付きがえられます)

男女の違いを「結婚生活を送るうえで」という視点で書いているので、離婚したあと「あ〜なるほど!」とめちゃ反省しました(笑)

 

[終わりの告知]

求めてないプチ説教をもらうのは、あなたの返しが悪いから?

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

年が明け、初詣も一落ち着きした今日この頃なので、毎年行っている商売繁盛祈願に行ってきました。

 

IMG_3830

多分1年の間に10回くらい行ってると思う神田明神。
平日だったけどそれなりにまだ混雑してました。

IMG_3825

神田明神には「神幸(みゆき)」チャンという馬がいるのですが、何度行っても懐いてくれません…今日は元気なかったみたい。

IMG_3828

神田はラブライブの聖地なんですよ。(登場キャラクターの実家という設定のため)だから絵馬がいつも凄いことになってます。TwitterIDを晒している人もいて、もはや文通伝言板のようだ…。

 

ちなみに今年は前厄なので、個人的な厄落としも一緒にしてきました。

厄年って色々言われていますが、体を壊しやすい年っていう意味もあるらしいです。だから厄年に出産するとちょうどいいとも言われているんですって。

…って、予定ないし!

 

 

子供といえば、先日ファミレスで仕事をしていた時のことです。

隣りの席に、

おじいちゃん・おばあちゃん・パパ・ママ・娘。

という5人家族が座ってご飯を食べていたんですね。

 

そこで、娘がお子様ランチのおにぎり2個を完食したらしく、おばあちゃんが、

「ま〜沢山食べたね!えらいね!いっぱい食べたのね!大きくなるよ〜(エンドレス)

 

と、まあ「おいおい、ホメすぎだよ」というくらいベタボメしていたんですね。子ども含めて周りはいつもの事なのか「ハイハイ」って感じで淡々としていたのですが、そのときフッと思ったんです。

「私ひさしく褒められてないな」

と。

もちろんトレーニングしたら「頑張りましたね!」って言われるし、ちゃんと仕事したら「記事面白かったです!」と褒めていただくことはあるんです。

ただ、こうはっきりとした実感として「褒めてもらったなあ」という記憶がここ最近なくて…最後はいつだろうと振り返ると、6年前に結婚したとき、めったに褒めない父が褒めたことしか思い出せなかったのです(別れちゃったけどさ)

なんだがそれって良くないことな気がしたのでした。

 

よく自己肯定感を高めるといい恋愛ができると言いますが、この誰かに褒められないなら、自分で自分を認めてあげるって、ありきたりですが本人が思っている以上に、やれていない人が多いですよね。

 

というのも、よく女性と話しをしていて、

「最近結構恋愛調子よさそうじゃん?」

みたいな話しを会話の流れの中で言うと、

「うーんまあ…でもさー(愚痴)…」

という流れがよくあると思うんですね。

本人としては謙遜さのために言うこともあると思うんですが、受ける側としては、「そっかー…」と相づちを打ち続けるのも退屈で(私だけか?)結果、プチ説教モードにならざるおえないこと、ないですか?

 

言いたくない気持ちがハッキリあるのに、

なぜかプチアドバイスしている自分がいる!

という…

 

「とりあえずさ、その中の一人と付き合っちゃいなよ!」

 

みたいな…自分うぜえ。

そんな腹も心も満たされないアドバイスしたくないと思いながら発しています(笑)

 

でも、本当はもっと見えていることがあっても、そこを言ってもお互い気分が悪くなるだけだから、折衷案としての当たり障りのないアドバイスと共感でその場を締める。

私はこれを「逆説教の強要」とよんでいるのですが、何か良い名称ないですかね?

ということで、よく「望んでもいない説教をたびたびもらって、モヤモヤする!」なんて人は、そのうちの何割かはご自身の自己肯定感の低さが、

相手に仕方なくアドバイス的なものをさせている可能性があるかも。

 

1日1善ならぬ、1日1ホメ。

どうでしょう?

 

ホメるといえば、「ブスの正しいホメ方」は面白かった!

ブス・ハゲ・デブなどなど触れにくいポイントを逆に突き抜けるくらい指摘して褒めて締めるって感じが基本だったと記憶しています。

ハゲの人に対して

「その頭、もはや光りすぎて後光がさしてるみたい!いやさしてますよ!」

的な。

言えるかーいっ!

 

[終わりの告知]