クリスマスのレア度を計算する方法が発見されました

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。
今日はクリスマスですねー皆さん楽しんでますか?

おおしまは、24日は仕事で一歩も家から出られず、
今日はこれから歯医者と皮膚科に行きます(笑)

一応ケーキも食べようと思いますが、今年は誕生日もクリスマスも

とにかく忙しさ一色だったように思います。グスン。

IMG_3453

とか不満を言いながらも
23日は忘年会で久々のメンバーの前ではしゃいでました。
「今年は頑張ったね〜」と、
尊敬している人から言われたのは嬉しかったです。

 

 

IMG_3451

4時間煮込んだという水炊きを食し、
来年も頑張ろうと思います。

IMG_3450

ちなみに写真に収め忘れたのですが、この宴会後、

韓国料理を食べ

思いっきり翌日思いっきりリバウンドしましたorz

 

素直すぎるんだよ私の体!

 

それがいいところって忘年会で言われたばっかりですが、

 

素直なのは心だけがいいっ!

 

 

そして、今週の週刊プレイボーイ様で、

「”金クリ”に、ワンナイトラブを狙える厳選!!5のスポット」

という企画でコメントさせていただきました。

 

IMG_3457

 

今日必要な情報だと思いますので、要チェケら!

場所というのはナンパスポットから婚活パーティーなどなど書かれていますが、現実的にワンナイトが可能性として一番高いのは、この時期絶対職場とか元々の友達関係ですよね。

だって年の瀬はハメは外したいけどハズレは極力引きたくない(終わりよければ全てよしの精神で)と心情的に高まる時期だからです。

 

男性陣はいっちょ夜遊びしてみてはいかがでしょう^^

 

 

 

ところで24日の12時に、私は突然クリスマスロスというか、ああ、こんなすごし方をしていいのだろうか…という謎の焦りにみまわれたんですね。

「あれ、クリスマスに特別な感情なかったのに、どうしてだろう…」

 

マジでそう思ってたんです。

独女っぽいですね〜

 

それで改めて考え直して気付いたのですが、

クリスマスって、シーズンイベントの中で、

今のところ一番希少性が高いイベントだから、

人は焦るんじゃないかなーっと思ったのです。

 

 

どういう意味か式で説明すると、

 

イベント前の盛り上がり÷イベント期間=トクベツ感

 

 

で具体的にそのイベントの価値を数値化できるんではないだろうかと。

って言っても、盛り上がりを数値であらわせないから、
日付換算するしかないのですが、

 

クリスマスは前1ヶ月盛り上がるとして
30日÷2日=15!

 

つまり

 

クリスマスの2日には、

 

通常日半月分の価値があるのじゃー!

 

これが正月になると
6日(クリスマス〜年末まで)÷7日(七草粥まで)=0.86!

 

正月の価値低っっ

 

なんて換算が出来たのです。

そして最近話題のハロウィンといえば、

 

30日÷1日=30日!

 

ハロウィン1日でなんでも無い日1ヶ月分の価値がある!

 

おそろしやハロウィン…

 

と、くだらない事を考えていたわけです。

夜中の12時に…ひとりで(笑)

おおしま、疲れてますね。

だってクリスマス終わったらもう1年終わりですもん。

皆様もお体ご自愛くださいませ!

 

 

 

【旅】観光しつつ姉妹旅inスペインLCCで移動編

食ってないで、役に立つ事もたまには書きましょう。

という某氏からの指摘により、今日はサクラダファミリアの事をのんべんたらりと書こうと思いましたが、急遽スペインで使用したLCC事情についてお話しておきます。

IMG_0823

※飛行機の写真撮り忘れました。

続きを読む

新入女子社員に、社会人7年目のおねえさんから伝えたい話

春ですね〜桜も咲いたと思ったらあっという間に散ってしまって、
気づけば4月、つまり1年の1/4が過ぎたのですよ。皆さん意識してますか?

といきなり説教臭くなってしまいましたが、
今日はこの春新入社員になった女子達に、
いろんなトコロで色んな働き方をして社会人7年目の私から、
素敵な恋愛も探しつつ、怖いお姉さんとも上手くやる2つの処世術のお話です

①ぶりっこは通用しないとココロせよ

まずは学生モテと社会人モテのお話です。
学生の頃校内でモテていたけど、社会に出たらイマイチって人はよくいます。
これは、学生の頃は「かまって〜☆」がベースとなるぶりっこや、
あざといモテテクニックが通用したのに対して、
社会人にはそういうドキドキを誘発するテクニックが通用しにくくなるからです。

なぜ、通用しないのかというと、
男性が年齢を重ねたからということもあるのですが、一言で言うと

ちゃんと仕事している男性は疲れてるんです!笑

つまり、可愛いけどかまって欲しい女=ちょっと面倒な女
ってなる人が多いんです。

だから大人が読む恋愛本と、学生の頃流行る恋愛本は趣旨が異なります。

じゃどうしたらいいのかというと、結構簡単で、
愛想も性格もいい、笑顔がすてきな優しい女子が最強。という話に落ち着きます。
キャラ作りだけで乗り切っていた女子は、ちょっと転換が必要になります。

②「私は」という単語は、求められるまで発しない

次に、社会人の女同士のコミュニケーションについてです。
おそらく会社では同期とか、仲のいい女の先輩とかが出来ると思います。
ですが注意していただきたいのは、会社で知り合った女性というのは、
思っている以上に友達ではない!ということ。

会社の中では友達と変わらないノリなのに、
社外ではほとんど会わない人とか沢山いますし、
腹を割る事なく表面上の関係とか、本当に腐る程できます。

ここで失敗すると、空気読めないとか陰口を叩かれてしまうのです。

嗚呼…女って面倒ね…

そこで気をつけてほしいのが、「私は」「私が」という主語、
つまり自分の話をしすぎないと言う事。だって入り口は友達ではないですから。

大人の女社会で好かれるのは、友達同士でも仕事仲間でも聞き上手なので、
友達だな!って思えた人にも、まずは適切な距離を計りましょう。

 

早く結婚して専業主婦になりたい女子も、バリキャリになりたい女子も、
実際働いてみるときっと色んな事が見えてきて、色々悩むと思います。

元々バリバリ化粧品関係の仕事するつもりだったのに、
なぜかアニメ業界や上場企業にいるし、
気づけば離婚して、私生活も仕事もフリーランスだし…というお手本もおります。

大切なのは回りと比較せず、ペースを乱さず
自分が幸せを感じることは何か?を常に考えること。

20代って、思ってる以上に軌道修正できるので、
怖がらず悩んで、色々試してみて、
自分の間違いや、新たな発見をして、

本当のオトナを楽しみつくせ!!

そして迷ったら私の記事を読んで、回復してねw

もう私は結婚できないかも…そんな焦りを感じたら落ち込む前にしたいこと

 

[end massage1]