【例文つき】男が婚活プロフィール欄に書くと女から引かれる自己紹介文とは

こんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまです。 

婚活の場で大事なのは、悲しくも顔や年収です。 でも、わかりやすいステイタスの次に大事なのは、人柄が出る自己紹介文です。

ネット婚活でもリアル婚活でも、このプロフィール欄が相手に興味を抱かせるように書かれていないと、初対面の印象がよくても、メールや会話のきっかけをうまくつかめず、結局その後の関係に発展していきません。

先日スマダンで「婚活のカギはプロフィール 女子がドン引きする男性の自己紹介文の書き方」という記事を書き、リアルな婚活シーンでのだめなプロフィール文の例をご紹介しました。今回はその続きと題して、婚活で書かない方がいい自己紹介文を3例ご紹介します。

続きを読む

作者紹介

 

400×400

 

恋愛ジャーナリスト
ライター・イラストレーター

日本大学芸術学部卒業。
親から認めてもらえない子供時代を過ごし、その反動から水商売やプロ雀士、素人モデルなど人気商売に身を投じる。

10代よりのべ1万人の男性を接客し、
相手も気づいていない本当の気持ちを瞬時に見抜く観察眼を獲得する。

20代で結婚と離婚を経験後、男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。

現在「女性自身」「anan」「週刊SPA!」「週刊プレイボーイ」「日刊ゲンダイ」「J−WAVE」など、大手メディアにて恋愛エッセイや芸能コラムの執筆や、コメンテーターとして幅広く活躍している。

コラム掲載サイト一覧はコチラ