不倫のやめどきは33歳!彼との別れに迷ったときの終わりのベストタイミング5選

こんにちは、恋愛ジャーナリストのおおしまです。

不倫の恋を続けていると、はじめは普通の恋愛と同じように楽しくても、ふとした瞬間「別れようかな」「このままでいいのかな」と不安や孤独が襲うときがあります。

 

不倫をスタートさせたからには、必ず直面する問題が「別れるか、続けるか」という選択です。彼に物凄く甲斐性があり、あなたが悩む前にいろいろ行動してくれればいいのですが、残念ながら多くの男性がそうはいきません。

不倫から略奪婚にすすむカップルは6%というデータもあるように(愛カツ調べ)多くの恋愛は残念な結果に終わることは目にみえています。

 

それはつまりあなたが夜一人で「別れようかな」と途方に暮れる気持ちは、いわば不倫女子において当然の悩みであり、なんら恥じることではないのです。

とはいえ、別れようかなと思ったとき、普通の恋愛ならいくつも“別れるタイミング”について情報はありますが、不倫の恋の別れるタイミングについてはあまり語られることはありません。

そこで今回は、1つの目安として「ベストタイミングかもよ!」といえる別れのタイミングを理由とともに解説します。あなたの迷いが、少しでも晴れることを祈っています。




続きを読む

不倫がつらくて孤独なとき、今すぐ楽になれる健全な対処法3選

 

 

不倫がつらい女子のみなさん、こんにちは。恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

11月12月とクリスマスや年末年始を考えはじめるこの時期、不倫女子にとっては、非常に辛い時期になっていきます。

カップルであればイルミネーションを見に行ったり、クリスマスプレゼントやクリスマスパーティーを計画したりと楽しいでしょうが、不倫女子はそうはいきません。

 

中には、家族との時間を優先する彼を泣く泣く尊重し、自分は家で悲しく缶チューハイをすする女子も多いことでしょう。

続きを読む

ゲス極川谷さんがイケメンじゃないのにモテたわけ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

タイトルの通りです。

「なんで?」

って、疑問に思っている人が多いみたい。色々言われいるけれど、やっぱり振り返るといろいろあるよねベッキーさんが惚れる理由。

ちなみにanan総研で過去にこんなエッセイを書いてます。

an20160107

「頼れる男を待つ女は幸せになれない!」

頼れる男を待つ女は幸せになれないけど、JK時代の目線だけで男を選ぶオンナも、いつまでも幸せになれないと思うんだ。小利口になれって言いたいんじゃないけど。




続きを読む

ゲスの極み乙女川谷絵音さんがベッキーさんに謝るべき理由

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

女性自身さんの芸能コラムで、年明けから、タレントのベッキーさんとの不倫騒動で沈黙を貫いていた「ゲスの極み乙女」川谷絵音さんのファン限定ライブでの発言と、独占インタビューのコメントについて分析をしました。

j2016310

そうじゃないってば…ゲス川谷が自分勝手すぎて失笑者なわけ

 

よく使われる2年前の写真が自分比でお気に召さなかったそうで、今回似顔絵は美男子仕様です。

 

そしてこの記事が本日、Yahoo!さんのコメント欄が燃えております。

Yahoo!版の記事はコチラ!現在コメント500件越え

ありがとうございます。




続きを読む

「目が覚める!?」不倫男がよくいう口説き文句10選

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

もはや「趣味 ダイエット」な私ですが、実は昨年末からプロの力を借りて、結果にコミットしていますす。

IMG_3442

 

2キロ程痩せてずーっと停滞していたのですが、最近自炊をほんの少しするようになったらだんだん体重が落ちるようになってきて、

さらに自分の体のクセ(むくみ体質とか)がわかってきて、少しだけ楽しくなってきたこの頃です。

ただ、山盛り生クリームが食べたい!!

はあ…

 

 

ところで昨日、友達のT子(不倫中)から連絡をもらいました。

ブログを読んでくれたということで、感想をくれました。

「記事、胃がじゅんとなって笑った」

※昨日の記事はコチラ

あざまーす!

 

それ以外にも、沢山のリアクションをいただきまして、本当に嬉しい限りです。

ただ私もヘラヘラ喜んではいられません。

不倫は辞めろとか、愚か者だとか、説教モードで手厳しい事を言う人をたくさん見かけました。全部まっとうな意見ですけれど、当事者からしたら、知っとるわ!って感じですよね。

分かります。

ただ私はドSなので(そうなの?)

もう一歩、T子を始めとする女性たちに、不倫のリアルを突きつけて、谷底に突き落としたいと思います。

 

それでは始めます。(ゴクリ)

 

この言葉、言われていたら

その不倫はもう死んでいる!

 

〜不倫男がよくいう

口説きフレーズ10選〜

 

パチパチパチ。

ということで、ザクザク書いていきます。

【口説き編】

まず関係が始まる三歩くらい手前で発せられる言葉を集めてみました。

「ウチ、うまくいってないんだ…」

この後ろには「だから孤独なんだよ…」という弱音が隠れています。母性本能や、弱っている女性からしたら仲間意識を感じる一言かも。

でも言いたい。

 

証拠みせろ!

 

 

「うちの嫁って本当×××○○▲▲」

(ここからえんえん続く嫁の悪口と愚痴)

ただの悪口に聞こえますが、奥さんをけなして間接的に目の前の女性を褒めるという特殊口説き技。

こういうとき「なんで好きになったんですか?」とか返しがちですが、そうすると一層エスカレートするので注意が必要。

ハッキリ、「それって悪口ですか?口説いてます?(笑)」と軽く返すと向こうは黙るか、いさぎよく「うん」とか言いはじめるそうです。

 

 

【ラブラブ期】

不倫恋愛が一番楽しい時期です。この頃の彼の一挙手一投足は、普通の恋愛よりもなぜかトクベツ感を感じるらしい。きっと制限の中で行われる恋だからですね。

 

「あー○○ちゃんと先に出会いたかった」

でも結果的に出会ってないから。

 

「好きだよ。世界で一番に」

でも戸籍上は世界で一番ではないよね。

 

「なんかもう、家族以上に信頼してる」

でも家族じゃねーから。

 

解説しようと思ったら、一文でぶった切ってしまった…

多分男性のタイプにもよるっぽいですが、話しを集めていくと、不倫中の男性って結構熱っぽ言葉を発することが多い印象がありました。不倫中の男性も浮かれてるんですかね?

 

【ドロドロ期】

ラブラブ期をツッコミのみでスルーしましたが、一番面白い(というと失礼ですが)のはドロドロ修羅場期です。

別れるの?別れないの?という女性側からの圧に対して発せられる言い訳が、なぜか色んなカップルでかぶる謎。

 

「子供が○才になったら別れるから」

類語として、「小学校に上がったら別れる」「子供の進路が決まったら別れる」があります。そこまで子供のことを考えるなら離婚するなよと思うのですが、当の不倫女性側はなぜか「子供想いの優しい人」という歪んだ評価をしがちです。

 

「嫁、出て行ったから」

証拠みせろ!

 

いつも聞いてて思うんですが、「別居」って証明するのが難しいですよね…実際奥さん側との別居が始まっているのなら、離婚の可能性が高い気はしますが、男の一言でそれを信じるというのは、浅はかな気がしてならないんです。

 

 

「明日、話し合いしてくる」

話し合いはタダだから。

その話し合い、本当に離婚についてしてんの?今度の連休のお出かけ計画の話し合いじゃねーの?とか心の濁ったおおしまは思ってしまうんです。

「じゃあそれ、録音してきて!そして議事録ください」くらいに詰めたらいいと思うんですよ。そこで終わるならそれはそれでいいと思う。

 

「絶対別れるから!俺の事信じて

俺は○○を信じてるから」
(からのベッドイン?)

信じた結果、今これですけど…って女性的には思いますよね。

ちなみに心理学の世界では「絶対」とか「必ず」みたいな強調言葉を使う人は、感情的で気分屋の傾向が強いそうです。気分が高まると、「絶対○○する!」みたいな強い言い方になるんでしょうね。

こうして発言を検証していくと、「信じる」って何なんでしょうね。契約書でも書いてくれって思っちゃう。

 

 

「好きな人がいるって言っちゃおうかな」

離婚話しが上手く進まないときに出るセリフ。が、これって間接的な脅しですよね。「全部をバラして劇的な進展を計ろうかな」という魔のお誘いってことですが(本来これをして金銭的に誠実な対応をすべきでしょうが)、女性側からしたら「イヤイヤイヤ、キレイに話しつけてきてよ」と思うもの。

だから女性側からしたら「大丈夫、待ってるから」としか言えなくなるんですね。あれ、なんだか誰かの報道に似てきました。

 

と、10のフレーズを出しましたが、

言える事は

言葉より行動を見よ。

ということでしょう。

またしても結論はありきたりになってしまいました。

どんな確実そうなセリフでも、行動に起こしていないかは見えるハズです。それに対してあなたが「途中までは動いてくれたし」とか「まあでももう少し待てば」みたいな

 

40点を繰り上げ合格にするから、

ドロドロ期になっても、

不倫はズルズル長引く

 

のではないでしょうか。

 

2016年は始まったばかり。

がんばれ女たち!

 

[終わりの告知]