バレンタインは「あげるイベント」から「ネタにするイベント」へ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

昨日はバレンタインデーでしたね。楽しかったですか?

 

日曜日とあって、全然盛り上がりを感じられなかった今回のバレンタイン。

それが日曜日だからなのか、恋愛市場が盛り上がっていないからなのかは不明ですが、とりあえず、ただチョコを渡すだけのイベントに、人はもう、あまり刺激を感じないということがよくわかりました。

いや、むしろ、他人に何かを与えるイベントに、人は魅力を感じないのかも。自分が主役級になれるコトに飢えているのかもしれません。

バレンタインも仮装とかしたらいいんですよ(笑)

20160215-122554.jpg

一応偵察を兼ねて、13日にはプランタン銀座のバレンタインフェアに足を運びました。

確かに土曜の昼なのに会場は比較的空いていました。

20160215-123347.jpg

今年は(近年の傾向?)ショコラティエの作るコロンと可愛い一口チョコが人気らしく、販売商品は、ほぼそればかり。

ケーキ大好きッ子な私としては、「味の区別も想像もつかないから、惹かれない!」と、食べる立場ではないのにブーたれていると、「”あげるワタシ”が満足できるチョコを買うんだから、女の子自身が可愛いと思える商品を売ったモノ勝ちでしょ」

と、一緒にいた男性が的確な指摘…。

むむ。そうだ。バレンタインってあげる側の自己満足イベントだったわ。

 

ただ面白いのは、Twitterをはじめとするネット上では、「チョコもらった!」「バレンタインだから作った」「バレンタインあるある話」「バレンタイン自虐」的な、ネタ投稿がものすごく多くって、

このリアルでの盛り上がっていない空気と、ネット上での盛り上がりっぷりの差には、ちょっと驚きます。

以前誰かが、ネットが当たり前になったことにより、観客よりも演者になりたがる人がもの凄い増えた。その結果、観客のいない演者ばかりになった。

みたいな話を聞いたことがあり、今回のバレンタインもふとその話を思い出しました。

誰かにチョコレートをあげて気持ちを伝えるよりも、バレンタインを題材にして自分が目立ちたい。キラキラしているor面白い人と言われたい。ってことでしょうか。

 

気持ちは分からなくもない…

ちなみにじゃあ私は最終的に、バレンタインに何をしたのかというと、結局高級なおチョコは選べなくて、サンマルクカフェのデニブラン無料券をあげました。

(無料ドリンク券を使い切っているのがポイントです☆)

20160215-122342.jpg

 

安定の美味しさですからね。
※プレゼントも一応あげましたよ。

ちなみに2月14日はふんどしの日でもあるということで、例年密かに盛り上がっているみたいです。

ふんどしなら「自分が主役になれるイベント」ですね。来年はふんどし流行るかも…うーん、でも、女子が着飾れないから、やっぱり難しいかな?笑

 

 

 

[終わりの告知]

加藤紗里さんに伝えたい!正しいスキャンダル便乗商法

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。
2016年の芸能界、本当に香ばしいです。1月は大物のスキャンダルに騒動がありーので2月突入早々、

狩野英孝さん二股!!!!

面白すぎる!

ので、さっそく記事にさせていただきました。

j20160204

小粒感の抜けない狩野の三角関係!面倒な女は川本と加藤どっち?

女性自身さんの記事の中に細かい経緯は書きましたが、3秒でわかるように解説します。

 

川本真琴さんが恋愛意味深ツイート「私の彼を取らないで!」と二股疑惑を暴露

数日後に加藤紗里さんがインスタグラムで狩野との交際宣言

マスコミ各社に川本×狩野×加藤の三角関係がバレる

川本さんはツイート削除&謝罪、沈黙。

狩野さんは事務所通じて2人とも友達宣言、沈黙。

加藤さんはインスタ等で狩野との真剣交際アピールするも、数日後に削除。

加藤さん、2月4日から各メディアに出まくって狩野と本気交際宣言。←イマココ。

 

泥沼とか言いましたが、実は騒いでいるのはもう加藤さん一人なんですよね。

無名のモデルさんですから、これを機に名前を売り出したいという気持ちは凄く分かるし、使わない手はないよね〜とは思います。

ただ、見ていて思います。

 

そんだけ露出するなら、

もっと戦略的にやればいいのに

 

だってせっかくのチャンスなんですよ?

彼女に注目が集まるのは、おそらく2月いっぱい。少したった頃にロンハーに軽く呼ばれるのが今のところ限界です。そこまで割り切ってテレビに出るなら、もっと割り切って戦略的にやってもいいんじゃないかなーと勝手に彼女を見ていて思ったのです。

今日はそんな加藤さんへの個人的な戦略的アドバイス(クソバイス)を、だらだらと書きたいと思います。

 

1:テレビ露出して誰を狙うのかが不明すぎる

最初に気になったのはコレです。彼女のビジュアルが細すぎるとか化粧が濃いとかさんざん言われています。

が、

私が気になるのはただ1つ。

その見た目と露出方法で、どの層を狙いたいの?ということです。

 

元イベントコンパニオンさんでモデルさんであれば、ターゲットは男性だと思います。だったら、男性を狙うのに、どうしてそんな化粧が濃いの?ギャルいの?

もっと柳ゆり菜さんみたく癒しによせるか

橋下マナミさんみたくエロ路線を出して笑いを取るか

七緒さんみたいにちゃんとしたモデルで出るとか

もっと分かりやすく立ち位置を示せばいいのにと。

 

それじゃあ「モデル!?キャバ嬢みたーい(笑)」と、女には叩かれ、男からは「なんか怖そう(震)」と言われるのがオチです。

 

あげく「狩野の女のセンスが意味不明」くらいに言われて終わってしまいます。

 

凄くスレンダーな女性のようなので、オススメはちゃんと正統派美人のヘアメイクでまとめて、七緒さん的な路線がいいかなと思っていますが、どうでしょうみなさん。

 

 

2:アピールするは「本命宣言」ではない

 

そうして露出しまくっている加藤さんですが、そこで

「本命は私」

「彼から付き合おうと言われた」

「結婚前提と言われた」

「狩野の好きなところはない」

と、あくまでも私が狩野さんに好かれているから付き合っているというアピールをしているようですが、

 

そのアピール、誰得ですか!

 

って感じではないでしょうか。

 

お相手が竹内豊さんとかだったら自慢していいと思うんです。世の女達から嫌われる小悪魔キャラがそこで確立されますからね。

でも、

申し訳ないですが、

狩野英孝さんですよ…

彼はプライベートでは、きっとモテるしイイ人なんだとは思います。ただ、世間のイメージは

「残念イケメン」

「天然」

「ポンコツ」

ですからね。そのような人から惚れられてますって堂々と言われても

 

「でも狩野さんですよね?(苦笑)」

 

くらいに思われて流されてしまいます。

だったら、

「あのポンコツ具合がめっちゃタイプで〜」

「私がベタ惚れなんです!」

「だから絶対とられたくなーーーーい!」

くらいに、振る舞った方がいいんじゃないの?と、心の中で私は毒つくのです。

 

しかしこの騒動ももって来週いっぱい。彼女が一瞬の花火となるか、これをキッカケに大々的に知名度を高められるか、その結果が楽しみです。

 

炎上といえば、ネット炎上の対策をとるならこの1冊がオススメです。

ネット世代だからこそ、中傷の仕組みを理解しつくし、絶対に炎上しない(叩かれない)振る舞いをするという荻上チキさん。

私も久々に読み返そうと思います。

 

[終わりの告知]

 

 

 

 

小保方晴子女史の手記で感じる責任を持って対応するということ

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

 

1月28日に、STAP細胞騒動の中心人物である小保方晴子女史が講談社から手記を発売しました。

IMG_3976

 

 

 

 

それに伴って、今回、女性自身さんで少しいつもとテンションは異なりますが、手記およびバッシング報道の一連について、どうしてあそこまで加熱したのかを振り返り分析しました。

 

 

j20160128

手記発売で反撃?なぜ小保方晴子女史はこんなにもバッシングされたのか

 

真実は分かりませんので、あまりガチャガチャ品なく語るのもどうかなーと思いながら、手記を読ませていただきました。

この書籍に書かれた、小保方さんのエピソードや対応方法が仮に真実だとしたら、私たちは自分事としておきかえた場合、トラブル処世術は学ぶべきことが沢山あるのではないかなと感じました。

 

たとえば、博士論文の不備が分かったとき、彼女はマスコミに論文が流れないよう事前に大学や先生に掛け合ったそうです。

ただ、先生からは「すぐに疑義が挙るなんてありえないよ」大学側からは「今回収したら逆にマスコミに嗅ぎ付けられるから」と言われて、回収を断念するシーンがありました。

こういう、”誰かに言われたからマズいと感じたけれど途中で断念した。心配だけが残った”みたいな話が、今回の手記には多く書かれていたんですね。

その結果全てが裏目に出たという話しの流れになるわけですが、何かトラブルの渦中に自分がおかれたら、周りの人を信じることも大切だけど、最後は自分の判断でケツを拭ききらなくてはいけないのだな。ということを反面教師的に強く感じました。

 

本書は彼女の幼少から研究者としての半生が淡々とかなり詳細に書かれている本です。半分以上は私のような一般人にはわからない内容です。

ただ、大きな事件として扱われた本件を「おぼちゃんの虚言」みたいなバッシングで終わらせるのも、いささか感情的ではないかと思います。

もちろんこの件で優秀な研究者の命が絶たれているわけで、軽々しく「おぼちゃんがやっぱり正しいのでは」という意見を言うことも違うと思います。

 

かの天才ヘンリー・フォードは

失敗とは、よりよい方法で再挑戦する素晴らしい機会である

なんて名言を残しています。

小保方女史が再挑戦するかは彼女の心しか知り得ないことです。

ただ手記が出版された以上、「犯罪者の本だ」と決めつけるのではなく、私たちもこの大きな一連のバッシングという失敗から、学ぶべきことが沢山あるのではないでしょうか。

 

 

 

[終わりの告知]

もしSMAPが解散したら…勝手に大予測!j

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

どうしたんでしょう2016年!

凄い!激しすぎます!

年始から不倫騒動にビッグカップルの結婚会見に、国民的スターの解散報道…

まだ1月だっての!

 

2016年は芸能界は激震だらけ間違いなしって感ですね。

 

さて、そんな渦中のスターSMAP様なのですが、実際もし、今報道されているようなキムタクだけがジャニーズに残り、他のメンバーが独立し、SMAP解散となった場合、それぞれどんな路線になるか気になりますよね…

事務所の圧力とか干されるかは別として、それぞれがもしピンになった場合を今日は勝手に考えてみたいと思います。

 

【木村拓哉】

05

抱かれたい男ナンバーワン!

現在はドラマを中心に露出をし、出ればヒットを飛ばす売れっ子俳優です。

もしSMAPが解散し、キムタクだけがジャニーズに残った場合、懸念されるのはキムタクのマッチ化です。

そう、グループという枠に入っていたからこそ、良い意味で薄れていた彼の個性が爆発して、扱いにくい先輩風がふかないかちょっと心配なのです…ジャニーズの兄貴分近藤真彦パイセンは、「最近後輩にずいぶん気を使わせているのでは…」ともっぱらの評判(実際は知りませんよ)。キムタクがピンになった場合、カッコよさが仇となり、難しい立ち位置に立たされないかちょっと心配です。

 

【草なぎ剛】

02

ザ・癒し系!

面白いよドラマ「スペシャリスト」

個性派俳優(というか草なぎクンは草なぎクンとしてしか観れてないけど)として着実にドラマに出続けるつよぽんパイセン。

独立したらきっと俳優業をメインに、バラエティーとかはあまり出なくなるんじゃないかなーと思っています。そもそも「ぷっすま」以外のバラエティで彼が輝いているところを見た事がない…

しかしちょろっと書きましたが、彼が何かを演じていると、どうしても役というよりも「草なぎ剛」に見えてしまうんですよね。私だけでしょうか…

だから俳優としての真価はちょっとわかりません。

ただ、「任侠ヘルパー」「スペシャリスト」と、人気作に出ていますから、俳優としての地位固めをしていくのでしょうか。

 

【香取慎吾】

03

「スマステ」面白いよね!

と思ってほぼ毎週見ているのですが、SMAPが解散したら「スマステ」という名前はどうなるのでしょうか…「カトステ?」ダサい。

昔は俳優としても凄い出てたけど、最近はキャラが濃すぎてドラマよりもバラエティ露出の方が多い彼。このままバラエティ路線に進むのだろうか・・・

コミカルなキャラやコントをやってる時が面白いので、もし独立したらそういう笑える路線のお仕事が増えたら楽しそうですよね。

 

【中居正広】

01

安定のトーク力!司会力!

もうね、中居クンなしでは日本のテレビは成り立ちませんよきっと。金スマとか終わったら悲しいもの。

ということで、もう需要ありまくりなので考えません。

ただただ中居クンが独立しても、干されないことを祈るばかり!

 

【稲垣吾郎】

04

 

Mr.天然!どうするの?

なんて書きましたが、この方天然ですよね?

キムタクと同じく個性が強すぎて、解散した場合一番心配なタイプ。彼の場合個性がSMAP(というか中居クンとか香取クン)の存在により、輝いているんですよね。

逆にピンになるとイマイチ光ってない感じがします。

キムタクは稲垣クンとは別で、グループの時とピンの時、それぞれ光りかたが違うイメージです。グループの中では良い意味で”隙”が生まれている感じですね。

そんなゴローパイセンの独立後を少し考えてみたのですが、「Goro’s BAR」のようにしっくり大人のタレント路線なのか俳優なのか…どうしても答えが出ないんですね。

wikiを確認してみたのですが、どうやらピンでの大ヒットや代表作が弱いようです。

実際CMやテレビのレギュラーもメンバーの中では1番少ないようで、でも”イケメンなのに天然でおっとり”というキャラクターはしっかりあるので、それが独立後に吉と出る展開が出来るか。それが彼の分かれ道かもしれませんね。

 

と、勝手に予測してみたのですが、本当にこうして振り返ると、SMAP出演の番組に、日常意識することなく触れすぎていることを痛感しました。

それくらい安定的な需要があるんだから干される心配なんてないでしょう?と言う人もいますが、いやいや、芸能界ってホント怖いみたいです。

 

昨日この本を夜中読んでいたのですが、芸能界って本っっ当に義理とか人情とか、後ろ盾で成り立っているんだな〜と背筋が凍りました。

だからいくら需要があっても、ファンがいても、結局権力者に握り潰されたらどうすることもできないみたい…

小林幸子さんの復活劇は、そんな暗黙の了解の中起きた奇跡に近いイレギュラー復活劇だったようです。

5人のスターが一気に芸能界から消えたら凄く寂しいから、やっぱり解散は避けて欲しいですよね。

ホント、年明けから芸能界は騒がしい!

 

[終わりの告知]

 

 

2015お騒がせ芸能人〜勝手に男子編〜

こんにちは。

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまです。

今週発売の「女性自身」さんにて、

〜2015痛すぎる女たち 愛され女への処方箋〜

と題しまして、2015年に世間を騒がせた女性有名トップ10を発表致しました。

IMG_3409
ネットでは5位まで読めますので、よかったらコチラをチェキら!

2015年痛すぎる女ランキング  1位は“崖っぷち”のあの人(女性自身) – Yahoo!ニュース

 

今年も芸能ニュース、色々ありましたねー…私の得意分野が女性の生態なので、女性の話題を扱うことが多いのですが、今日はせっかくなので番外編として、男子編ベスト3も、勝手に書いてしまおうと思います。

 

第3位!
内山麿我さん

圧倒的な小物感と好感度の低さを持って、日本庶民の憧れの地、TDLのサービスを叩くという暴挙に出た強者。事の発端は、TDLのプレミアムパスだかを使って遊ぼうとしたら、入場制限がかかってたから使用不可と言われたこと。

それにごねにごねて、結局認められず諦めたらしいのだけど、その話しをブログにアップし、大炎上を引き起こしたのでした。

男性の炎上芸人というとキングコング西野氏や、ドランクドラゴン鈴木氏が有名ですが、もはや元ダンサーというよりも”あゆ芸”で笑いを取る感じはお笑い芸人に近い彼。ともすれば、炎上芸人の仲間入りと認定してもいいかもしれませんね。

 

第2位!
福山雅治さん

ましゃロスってさ、本当にあったの?

ってことで、勝手に第2位は、女優吹石一恵さんと結婚された、独身最後の砦の福山氏。

で、私は全国の女性に聞きたいんですよ…ましゃロスって周りにいます?だって少なくとも私の周りにはいないもんで…

イケメン独身キャラの歌手が結婚したら悲しい気持ちはわかりますが、ロスとは若干盛りすぎだったのではないでしょうか。ただ今年も紅白に出場されますし、順調な歌手活動が続いているのは本当によかったよかった。

と、本当にロスがあったかはわからないんですが、ネットが沸き立ってたので第2位に。

第1位!
大沢樹生さん

栄えある第1位は、大沢樹生氏。前妻喜多嶋舞さんとのお子さんの実子裁判とDNA鑑定の結果に、連日テレビもネットも凄い騒ぎになってましたね。

お子さんが実子でないのなら、喜多嶋さんの罪は重いと思います。

ただ個人的に気になるのは、大沢さん側の対応と世間の見方です。
今回の裁判で、「大沢さんは被害者!」「オトナの対応してる」って反応を多く見かけたのですが、確かに騙されていたという点では被害者であるものの、そもそもこの裁判って、大沢さん側がやり出したって言うじゃないですか。

そんな明らかにマスコミの餌食になるようなネタを自分で投下しといて、「息子に困ったことがあったら頼って欲しい」っていう姿勢って、本当に正しいのだろうか…法律の専門家じゃないので、これ以上深追いはできないのですが、実子関係がないっていう証明は、こんなに大々的に裁判を起こさないとできなかったことなのかな〜と個人的には疑問が残ります。

もちろんイチバン悪いのは違う人の子を身ごもって隠していた女性側です。

ただ、この問題自体に、なんだかもっと深くて黒いモノを個人的には感じるのでした。

うう、芸能界の闇は私にはわからないくらい深い。

こうして振り返ると、芸能界ニュースもいい話し悪い話しがおり混ざっていて、面白いものですね!

 

[終わりの告知]