ファッションってなんだ?!

以前も書きましたが、ファッションのコトはいまだによくわかってません。

そんなワタシは最近仕事で表参道歩くことが多いのですが

とりあえず分かったことをとどめておこうと思います。

以下、トミー・リー・ジョーンズ風にお読みください。

 

この惑星のファッションというのは、移り変わりが激しい。

昨日まで流行っていたものが、次の日には遅れているといわれる。

ただ、この惑星の個性というのは、奥が深い。

↑何度見返しても面白いw

俺の横に立つなっ!!!

ゴルゴ13は言った「俺の後ろに立つな!!!」と。

こういった暗黙のルールは世の中にいろいろ存在しているが、

今日は身を持って知ったことを書かせてもらう。キランッ

 

表参道という街では、犬も歩けば棒にあたるくらいスタイルのいい外人さんに会える。

そんな街を今まで何の配慮もなく闊歩していたワタシですが、

今日思わぬ指摘をされた。

「あれ?脚短くなった?」

ガーンorz。高身長で太ってもごまかし効くのが取り柄なのに~と凹んでいると

「いや、目の錯覚だったわ!」

と、またしても衝撃発言。ど、ど、どういうこと?!

半泣きの私に真相を教えてくれた。

「隣がスタイル良すぎて錯覚起こした」

そう、隣にはリアルバービー人形のような白人女性が

ぼーっと立っていたのでした。

それ以来バービー人形のような女性の横はどんなに急いでいても横切らないと誓いました。

これって合コンに幹事よりもかわいい子が来ない法則と同じ心理だな・・・

なんて細い脚をながめながら思うのでした。

 

 

クールビューティーを目指してみる

熱い!暑い!厚い!と言うから暑く感じるの?!

毎日のように「例年にない猛暑」とテレビは伝えていますが、

つまり毎年最高気温更新しつづけているってこと?腑に落ちないですね。

そんな暑さの中、最強のクールビューティーを街で見つけました。

彼女は真昼間の表参道(もちろん野外)で、七分袖のシャツを颯爽と着こなし

汗を一滴もかくことなく英語資料を読みふけっていました。

もう一度言います「汗は一滴もかいていませんでした」

もう並ぶのが恥ずかしいくらいこっちは汗がナイアガラ状態だっていうのに・・・

自分の醜さに反省し、帰宅後汗をかかない方法をいろいろ調べることに。

1:胸の下(ブラのバンド付近)を強めに締め付ける

2:通常の3倍ゆっくり動く

と手軽にできそうな方法があったため、さっそくTRY!

ダンッ

ダダンッ

ダダダダンッ

ダダダ♪

翌日、胸のあたりに蒸れからくるあせもが発生、さらに会社に遅刻しそうになるorz

クールビューティーは一朝一夕にできるもんじゃないと痛感しました。

みなさんもおためしあれっ!

 

 

 

妊活バイブルでこれからの子作りについて勉強する

恋活、婚活、そして妊活、女は活動することが多くて本当にタイヘンです。

そんな悩みを1つでも払拭すべく白河桃子さんをゲストに迎えた

「妊活バイブル」の読書会におじゃましてきました。

妊活バイブル 晩婚・少子化時代に生きる女のライフプランニング (講談社プラスアルファ新書)

参加者は女性限定ということで、むせ返る濃厚な空気・・・じゃなかった

和気あいあいとした雰囲気の中行われました。

書籍の内容は
妊娠というのはぼーっとしてたらいつか授かるモノではなく
ちゃんとした知識を持ち、取り組むべきものですよ。という内容が、
医療の面と少子化の面から語られるとても勉強になるモノでした。

今すぐは子供を欲してなくても女性必須科目にすべき内容満載でしたよ。

倖田來未がちょっと前に羊水が腐る発言をして波紋を呼びましたが、

羊水は腐らないにしても卵子は老化していくそうです(精子もします)

こんな話学校では教えてくれないですよね。。。女性のみなさんはきっと一読しておくと

自分の将来設計に役立つんだろうなーと真面目に思うのでした。

 

最後に、本日のセミナーで最も印象的だったコト・・・それは・・・・
白河さんのストッキングが肌色の網タイツで、すんごい女子力高いってことでした!!
さすが女性たちを先導しているだけあります

日本人に配慮を・・・inオリンピック

ロンドンオリンピック開会しました!

開会式は古代ローマを彷彿とさせる女神(っぽい女性)が入場者を先導するという

素敵なモノでした・・・・が・・・日本の入場のときに思わず突っ込んでしまいました。

「ガタイよすぎるよ!女神さん!」

吉田選手よりでっかい女神の堂々たる歩みに見入ってしまったんです。

ずーんずーん、のっしのっし!と歩く彼女に違和感を覚えたのは私だけじゃないはず

検証動画はコチラ↓

 

いろんな意味でがんばれニッポンw